FC2ブログ
2019年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2006.04.24 (Mon)

"Jojo's Story"(Cambridge English Readers Level2)

Jojo's Story: Level 2 (Cambridge English Readers)
読みやすさレベル2.6 総語数9,125 ★★★☆☆

アフリカの小さな村にJojoという10歳の少年が住んでいた。
ある日、彼が外で遊んで帰ってくると、村中の人が殺されていた。父親も母親も兄妹も……。ただ一人生き残ったJojoは、死の恐怖に脅えながら馬小屋に隠れ続ける。数日後、Jojoは近づいてくる車の音を聞くが──?



淡々とした語り口がよけいにその状況の悲惨さを感じさせます。戦争(内戦?)に巻き込まれた小さな村の出来事……。私には想像もできない状況です。このお話自体はフィクションだと思いますが、内戦が続くアフリカでは実際にこのようなことは頻繁に起こっているだろうと思い、自分がいかに幸せな環境に暮らしているか考えさせられました。壊滅した村の様子や国連の兵士たちの様子が、Jojoの視点で冷ややかに描かれているのが印象的です。終わり方もある意味予想外で、でもとてもありえそうで胸が痛くなりました。重い読後感を感じさせるお話でした。
英語自体は短めの文章で読みやすい方だと思います。装丁も雰囲気によく合っていると思います。(Penguin Graded ReadersやCambridge English Readersの本はそれなりに雰囲気にあった挿絵のことが多いので違和感なく読めます。Oxford Bookworm の表紙と挿絵は……思わずうなってしまうのが多いですが(^^;)もう少しセンスが良いともっと好きなんだけどな~)

さてさてJojoが馬小屋に隠れていたおかげで、stallやstableなどの厩を表す単語が出てきました。実はこの二つ、ついこの間読んだHeartlandに出てきた知らない単語だったのですよ(^^;)物語を読み進めるうちなんとなく意味は推測でき、Googleのイメージ検索をしてみたところ予想どおりではあったのですが、"Jojo's Story"の中でちゃんと単語の意味が解説されておりました。ううむ、さすがGR。これこそまさに易しいレベルの本を読む効用でしょうね。こうして少しずつ単語が定着するんだろうなぁ、きっと。ちなみにstallはニュース英語でも時々見かけます。『(交渉などが)立ち往生する、行き詰まる』という意味で使われていたような気がします。 stallをただ辞書を引いて覚えただけでは私の場合絶対覚えられなかったと思うのですが、こうして覚えると感覚的に単語のニュアンスも理解でき、なおかつ忘れにくいような気がします。やっぱり私は多読と相性がいいようです(*^-^*)

そういえば、100万語と通過したということで、久しぶりに読書スピードを測ってみました。総語数9,125語で53分。約分速172語。

 ………………………。

SSS式多読を始めて間もなく読んだOBW2の本が分速165語だったのですが………ほとんど変わってないと悲しむべきか、ちょっとだけ速くなったと喜ぶべきか……。かなり微妙です……(--;;)
100万語まではちょっとキリンが多すぎたので、たぶん読書スピードはかなり遅かったろうと思います。ハリポタは分速100~120語くらいだったはず。これからはレベル3くらいまでのレベルをたくさん読んで読書スピードを上げたいと思います。結果的にその方がたくさん本を読めますもんね♪
なんてったってエリエールは5ですから!(>▽<)

スポンサーサイト



テーマ : ペーパーバック@多読入門 - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  13:09  |  洋書:GR:YL2  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2006.04.19 (Wed)

"Murders in the Rue Morgue"(Oxford Bookworms Level2)

The Oxford Bookworms Library Stage 2: 700 Headwords:

by Edgar Allan Poe
読みやすさレベル2.6 総語数7,010 ★★★☆☆

パリのモルグ街で残忍な殺人事件が起こった。
叫び声を聞きつけた人々が4階の部屋へ駆けつけたとき、ドアには内側から鍵がかかり、窓は閉められていた。鍵を壊して飛び込んだ人々は部屋の中と窓の下の庭に二人の女性の惨殺死体を見つけるが──。
人々が部屋に飛び込む前に聞いた口論は誰のものなのか。犯人はどうやって部屋に入り、そして出て行ったのか? その動機はいったい何なのか? デュパン青年が謎解きに挑む。



ご存じの方も多いかもしれません、エドガー・アラン・ポーの『モルグ街の殺人』のリトルド版です。
これはたぶん私が子供の頃初めて読んだ本格的(?)殺人ミステリで、とても怖かったことを覚えています。学校の図書室で借りたか読んだかしたのですが、外は雨で薄暗い無人の図書室が怖かったな~。今でも覚えてるよ(T-T) この表紙も相変わらず怖いですねーー;)

そのくせお話の内容はあまり覚えていなかったのですが、途中まで読んでなんとなく犯人を思い出したので、やはり少しは記憶にあったのでしょう。というわけで、私はあまり犯人を意外とは思わなかったのですが、初めて読んだ方はちょっと意外に思うかもしれませんね。ま、答えは読んでからのお楽しみ、ということで(^^)

ただ英語は少し読みにくい感じがしました。舞台がフランスなせいか、名前や地名がとっさに音で思い浮かばず、脳内音読がスムーズに行かなくて最初はちょっと大変でした。途中からは、主人公の名前以外は固有名詞だけ音にしないで読むという荒技で読みました(^^;) 最初の方は特にお話の内容もわかりにくいので、レベル2にしては読みにくい方だと思います。同じレベルなら"Sherlock Holmes Short Stories"の方がだいぶ読みやすいです。
いやーそれにしても、『モルグ街の殺人』て1841年に発表されているんですね。165年も前ですよ!ホームズよりも50年も前。元祖名探偵ですよね~。鋭い観察力で友人の考えていることを当ててしまうあたりが、ホームズの前身という感じです。古典と思って読めば楽しめるかも。

応援クリックお願いします♪



テーマ : 洋書 - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  13:50  |  洋書:GR:YL2  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.03.30 (Thu)

"Fly Away Home"(Penguin Readers Level 2)

Fly Away Home (Penguin Readers: Level 2 S.)
読みやすさレベル2.5 総語数11,000 ★★★★★

母を失くしたエイミーは9年前に離婚した父に引き取られ、ニュージーランドからカナダにやってくる。だがエイミーは久しぶりに再会した父を慕うことができない。新しい環境になじめず逃げ出したいと思っていたエイミーは、ある日カナディアングースの卵を見つける。17個の卵から孵ったヒナたちは、エイミーを母親だと思い、どこへ行くにもついてまわるようになる。エイミーに笑顔が戻るが、渡り鳥であるグースたちはカナダでは冬を越すことができない。どうすれば鳥たちを南へ渡らせることができるのか…?



映画「グース」のリトルド版です。
タドキストの間で非常に評判の高いGR(語彙制限のあるレベル別洋書)です。そして噂にたがわず面白かった!!
まず何より読みやすい。一つ一つの文章が短いせいか、とても読みやすかったです。主人公のエイミーの心の動きもとても良く分かります。エイミーと父親やまわりの人々の関係が17羽のカナディアングースを中心に少しずつ変化してゆくのがよいです。
最後の方は思わず「頑張れ、エイミー!」と心の中で応援してしまいました。ラストは感涙。

"You can. I know you can."

そんな風に子供に言ってあげられる親って素敵ですね。


応援クリックお願いします♪



テーマ : 洋書 - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  22:37  |  洋書:GR:YL2  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.03.02 (Thu)

"Death in the Freezer"(Oxford Bookwarm Level 2)

Death in the Freezer level 2 (Oxford Bookworms Library)
by Tim Vicary  ★★★★☆
読みやすさレベル2.7 総語数6,211

エレンは両親とともに幸せに暮らしていた。そう、6歳下の弟アルが生まれるまでは……。
アルが生まれてからというもの、両親にとってはアルがすべてになり、一人取り残されたエレンはずっとアルが憎かった。やがて二人は成人し、アルはミュージシャンとして成功し大金持ちになった。だが、彼はエレンに何もくれない。都合のいいようにエレンを使うばかりのアルに、エレンはやがて憎しみを抱くようになり……。

GRの作者として有名なTim Vicaryさんの作品です。彼の作品を読むのは初めてですが、やっぱりとても上手だと思いました。

I killed a dead man. That's why I'm in the prison....

という書き出しで始まるこの物語。のっけから「何事?!」と引きつけられ、そのままぐいぐいお話の中に引き込まれてしまいます。
使用語彙700語という制限にもかかわらず、不自然な感じはほとんどなく、主人公の心理描写も絶妙です。エレンと同じ立場の人にはかなり共感できる部分もあるかもしれません。
途中「SF?」と思ったりもしましたが、そんなことはなくサスペンスとして十分読み応えのある作品でした。ホラーではないのですが、うすら寒い読後感を味わえるお話です。……家族は大事にしましょうね(^^:)
ただ、最後の判決には少しだけ無理があるような気がしたので、★ひとつ減らしておきました。それにしても、なぜFutures夫妻は月に向かって歌ってんだろう(笑)

それにしても……表紙と挿絵がものごっつ怖いです……。
注射器を人形に突き立ててる絵とか……絵だけで怖い……(T-T)
どうしてOBWのイラストって、こう、怖いのが多いんでしょうねぇ…。それさえなければもっと好きなのになぁ…。

(2006.3.1読了)


応援クリックお願いします♪

テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  10:05  |  洋書:GR:YL2  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2006.02.28 (Tue)

"Anne of Green Gables"(Oxford Bookworms Level 2)

Oxford Bookworms Library: Stage 2: Anne of Green Gables
by L.M.Montgomery ★★★★★
読みやすさレベル2.6 総語数5500

農場を営むCuthbert家の人々は、農場の仕事を手伝ってくれる男の子を養子にすることにした。ところが孤児院の手違いで、彼らの元にやってきたのは赤毛でそばかす顔の女の子Anne。一度は孤児院に返すことを考えたCuthbert家の人々も想像力豊かなAnneに癒され、Anneを引き取ることにする。その想像力と行動力でさまざまな事件を引き起こすAnneだが……。

「赤毛のアン」のリトルド版です。
昔読んだつもりでいたのですが、内容をさっぱり覚えていなかったので、おそらく読んだことがなかったのでしょう。そのせいか、先入観を持つことなく、アンの成長する様子を楽しんで読んでいくことができました。易しい英語ながら、アンの性格がよく描かれていると思います。おてんばな行動にハラハラさせられたり、アンを引き取った家族の優しい言葉に涙しそうになったり……。ただ省略されているエピソードも相当あると思いますので、原作をよくご存じの方には物足りないところもあるかもしれません。
表紙の写真がGreen Gablesの美しい自然とAnneのイメージをとてもよく表現していると思います。ただし、中の挿絵は全然違いますので要注意(笑)
(2006.2.27読了)

そうそう、この本、実は名古屋の三省堂で買ってきました。ほとんどの洋書はやっぱり店頭で買うよりamazonで買った方が安いですね。ナルニアのオーディオブックも見つけたのですが、2000円くらい店頭の方が高くてびっくりしました。ところが、Oxford Bookwormsのシリーズは、なぜかamazonの方が100円ほど高いのです。不思議ですね。というわけで、OBWばかり7冊ほどゲットしてきました。すぐ近くにあった『多読ガイドブック』を参考にオススメ本ばかり7冊です。なので、ちょっと幸せv


応援クリックお願いします♪

テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  11:44  |  洋書:GR:YL2  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.02.23 (Thu)

"New Yorkers"(Oxford Bookwarms Level 2)

New Yorkers: Level 2 (Oxford Bookworms Library)
by O.Henry ★★★☆☆
読みやすさレベル2.6 総語数6,500

貧しい夫婦がお互いのために大切なものを売ってクリスマスプレゼントを買ったが…。

O.henryの有名な短編小説『賢者の贈り物』です。ほか短編を4本収録。どれも20世紀初頭のニューヨークを舞台に、さまざまな人間のドラマを描いた有名な古典です。

結果から言うと、あまり楽しめませんでした(--;)
『賢者の贈り物』のお話はなんとなく覚えていたのでそれなりに楽しめたのですが、それ以外のお話はいまいちでした。この方の小説は、ひねったオチが売り物ですが、リトルド版なせいなのか、私の英語力が足りないせいのか、なんとなくぴんとこなかったのです。ユーモアとウィットに富んだオチなんだとは思いますが……。語彙制限があって心理描写が細かくないせいかなぁ…登場人物に感情移入しきれず、淡々と読んだ感じがします。このレベルだと、感情を表すのにhappyとunhappyくらいしか出てこないんだもんなぁ……。sad さえ出てこなかったような…?
いえいえ、おそらく私の精神年齢が低いだけで、ちゃんと大人の感覚を持っている人には楽しめるのだと思います。

読んでしまってから思ったのですが、こうゆうときはきっと途中で投げるべきだったのかもしれませんね。貧乏性なのか我慢強いのか、今のところまだ一冊も投げた本はないのですが、今思うとちょっとしんどかった気がします。
もしやスランプの原因はこれか……?
とりあえず、読みかけ本一冊読破です。Prince Caspianには今しばらく本棚にお帰りいただいて、とりあえずBoxcar Children読もうかな…。
週末私用で名古屋に行くので、その移動時間にもしかしたら読めるかもしれません。本当はハリポタ読みたいけど、ハードカバーは無理でしょう(^^;)



応援クリックお願いします♪

テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  10:05  |  洋書:GR:YL2  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.02.13 (Mon)

"Huckleberry Finn (Oxford Bookwarms Level2)"

The Adventures of Huckleberry Finn: Level 2 (Bookworms Series)
by Mark Twain ★★★★☆

Huckleberry Finnの父親は酒を飲んでは暴れるならず者。Huckが見つけたお金を寄こせと言いだし、Huckは必死でそれを阻止しようとしますがとうとう父親に連れ去られてしまいます。閉じこめられた小屋からどうにか脱出したHuckは無人島で知り合いの黒人奴隷Jimと行き会い、筏で川を下り街を脱出しようとします。果たして彼らは無事に川を下ることができるのか……?

"The Adventure of Tom Sawyer" の続編です。
Tom Sawyerも後半出てきます。それにしても……なんて無茶で勇敢な少年たちでしょうか。Tomも相変わらず飛んじゃってるけど(笑)、Huckも相当だなぁ…。今の感覚からは想像もできないほどタフで行動力のある少年たちです。無人島でサバイバルって……もうそれだけですごいですよ。しかも筏に乗って、ミシシッピ川を下るなんて……。
英語については展開が早いせいか少し読みにくかった気がしました。前作よりレベルが一つ上がってるから余計にそう感じるのかもしれません。意識的にスピードを上げて読んでみましたが、目だけが先に進んでしまい、文章の映像化が追いつかず、読書の楽しみは半減でした。うーん、やっぱり楽しんで読書をする、というのを主眼においたほうがいいのかな。理解度も少し落ちたようで、なんとなくもやもやした部分が少しありました。このバランスが難しいですね。もう少し、このレベルで読書量をこなして、自分にちょうどいいリズムを探したいと思います。
まあ、SSSでは理解度70%でよいとしてますので、理解度は十分だと思うのですけどね。

読みやすさレベル2.5 総語数5,000


応援クリックお願いします♪

テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  10:31  |  洋書:GR:YL2  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.24 (Tue)

"The Piano (Oxford Bookwarms Library 2)"

piano.jpg

ある貧しい家庭の少年が、農場で働き始めます。彼は勉強ができるほうではなく、コンサートも行ったことはないのですが、学校で音楽の時間に歌を歌うのは好きでした。そしてある日ガレージの掃除をしていた少年は一台の古くて美しいピアノに見つけます。思わず学校で歌っていた歌を弾いてしまった少年。ピアノの魅力に魅せられた彼は、やがてよき理解者を得、まわりの人々に支えられて本格的にピアノの練習を始め……。

SSS多読サイトでもアマゾンでも評判のよい本です。先日、偶然立ち寄った銀座の本屋さんで見つけ、即買いしました。いいよね、やっぱり。大きい本屋さんには洋書がいっぱいあって…(涙)。
さてさて、ピアノを習っていた者としては、「さすがにそれはありえないでしょ」とつっこみたくなりましたが、天才とはそうゆうものなのかもしれません。お話としてはとても楽しめました。少年のまわりの大人たちも親切で、読んでいて心癒されます。少年の人生を変えた一台の古いピアノ。美しい彫刻の施されたそのピアノを私も見てみたいと思いました。

読みやすさレベル2.7 総語数7000 読書時間50分(分速140語)


週末、ナルニア物語の "The Lion, the Witch, and the Wardrobe"(ライオンと魔女)を読み始めました。ハリポタも読書中なのですが、さすがに電車の中で読むには大きいので(今読んでいるのはハードカバーなのです)、ナルニアの一番古いお話を読んでみました。まだ半分ほどですが、やっぱり面白いですね!子供の頃大好きだったのですが、すっかりお話を忘れていて、とても新鮮な気持ちで楽しめました。もうすぐ映画も始まるし、ぜひその前に読了したいな♪

よろしかったらぽちっと♪

テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  09:59  |  洋書:GR:YL2  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.01.05 (Thu)

"Heidi (Penguin Readers: Level2)"

heidi.jpg

言わずと知れた不朽の名作『ハイジ』のリトールド版です。レベル2くらいになると、英語もだいぶこなれてきて読みやすくなります。 
シンプルな英語でしたが、ハイジの世界は十分堪能できました。アニメのハイジを見ていたせいかもしれませんが、アルプスの山々の情景がありありと浮かんで、とても気持ちよく読めました。もちろんリトールド版ですので、省略されているエピソードはたくさんあるのですが、それでもハイジの優しやおじいさんの寡黙でそのくせ暖かい人柄なんかが伝わってきてとても癒されました。うーん、いいですねぇ、ハイジの世界。そんなところで暮らしたら私ももう少し丈夫になれるかな(苦笑)

読みやすさレベル2.4 総語数8800


平行してハリーポッターの6冊目を読書中。な、なんだかスネイプ先生の動向が気になります。彼って味方なの敵なの~???

The Japan Timesの方はいい感じです。記事一つだと物足りなくて二つに増やしました。ニュース英語も独特の文章の書き方をするので、それに慣れるとそれほど読みにくくはないです。この調子で頑張ろうっ!


よろしかったらぽちっと♪

人気ブログランキングへ

テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  10:25  |  洋書:GR:YL2  |  TB(2)  |  CM(1)  |  Top↑

2006.01.05 (Thu)

"The Double Bass Mystery(Cambridge English Readers2)"

bass.jpg

初めて読んだケンブリッジリーダーズです。語彙数は多い方だと思うのですが、英文が短いせいか読みやすかったです。
物語はオーケストラのダブルベース奏者である主人公の楽器が盗まれたことから始まります。盗まれたダブルベース、セザンヌの絵が盗難にあったという新聞記事、様子のおかしい恋人、ホテルの窓から転落死した楽団マネージャー。それなりなミステリーだと思います。語彙や語数の制限がある関係上、本格的なミステリーを求めるのは無理なので、このレベルでは良くできている方ではないでしょうか。内容は大人向けですね。ロマンスの要素が強かったように思います。
この本を読んで初めてダブルベース=コントラバスで、しかも個々の楽器によってサイズが違うことを知りました。トリビアでしたね。

読みやすさレベル2.6 総語数8348


応援クリックお願いします♪

テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  10:05  |  洋書:GR:YL2  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT