FC2ブログ
2006年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2006.08.28 (Mon)

Frog and Toad All Year

Frog and Toad All Year (An I Can Read Book)
by Arnold Lobel
読みやすさレベル1.4 総語数1,700


**あらすじ**

ある冬の朝、そりすべりをしようとFrogがやってきます。暖かいベッドの中にいたいToadは嫌がりますが、結局Frogにのせられて、そりすべりをすることに。
そして高い丘の上から一つのそりに乗ってすべりだしたFrogとToad。急な坂をすべりおり、そりはぐんぐんスピードをあげます。大興奮のToadは後ろにいるはずのFrogを振り向きますが……?


久しぶりに一冊読了です(^^;;

最近ほんとうにペースが落ちていて、まったく多読がすすみません。仕事が忙しかったのと夏ばて気味だったせいかなぁ……。
子どもと一緒に寝て、早く起きて本を……と思うのですが、結局、いつもどおりに起きて、睡眠時間だけきちんと確保してる今日この頃(T-T)
やっぱりできるだけ早く子どもを寝せて、夜読むのがいいのかなぁ……。
でも朝早く起きた方が、体にも脳にもいいとも聞くので、本当は早く起きて好きなことをするのがいいんだろうなぁ……と葛藤中の今日この頃です。

そんなわけで、ずーーーーーーっっと、ダールの『James and the Giant Peach』をちまちまと読んでます。
ほんと、1日1ページとか、1日5行とか(笑)
夜読もうと思っても、最近いちおう朝方生活だったので眠くて起きてられないんですよねぇ。困ったもんだ。

そんな中、気分転換に読んだのがこの本でした。
さらっと読めて、しかも奥が深い。うーん、さすがArnold Lobel。この人の書くお話は、ほんとうにほのぼのとしていて心があたたまります。
この本はFrogとToadのお話を季節ごとに集めたものです。Down the Hill, The Corner, Ice Cream, The Surprise, Christmas Eveの5話からなります。
どのお話も、二人のお互いを思う気持ちが伝わってきてしみじみと優しい気持ちになれます。個人的にはThe Surpriseが好きです。こんな風に、なんの見返りもなく、誰かのために何かをしてあげるってとても素敵なことだと思います。


それにしても……停滞気味なのは本のせいなのかしら?
『James and the Giant Peach』は特に難しいこともなく、読み出すとそれなりのスピードで読めるのですが、いまいち続きが気になって仕方ない、というほどではありません。惰性で読んでる感じ。
それがよくないのかなぁ? とっとと投げてHeartlandにしたほうがいいかしら(笑)

あ、ちなみに『ゲド戦記』は原書を読んでみたところ、最初の3ページほどで撃沈しました(^-^;)
Harry Potterと同じくらいのレベルのはずなんですが、全然ダメ。とりあえずエリエールに逆戻りです。
大ざっぱにストーリーをつかむ、ということはできなくもないのですが、とても深い世界観を感じるので、いいかげんにとばし読みすると、後でつらそうで……(^^;;) それにどうせ読むなら、すみずみまで味わって読みたい本ですしねv

さっさと今の本を読み終えて次に行きたいなぁ…(トホホ…)
スポンサーサイト



テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  13:20  |  洋書:児童書:YL1  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.08.11 (Fri)

ゲド戦記 観てきましたv

gedo.jpg


先週末、ジブリの『ゲド戦記』を観てきましたvvv

結局、原作を読む時間はなくて、ほとんどなんの知識もないまま行ってきました。
まあ、それがよかったのか悪かったのかはかなり微妙だと思うのですが……(^^;;

**以下、ややネタばれのため白黒反転**


うーん、あれこれ批評できるほど映画通ではないので、あくまで個人的な感想なのですが、全体的にちょっと難しかったかな~。
『ゲド戦記』という壮大なファンタジーの時代設定をあの短いストーリーの中に詰め込むのは大変だと思うのですが、お話自体がわかりにくかったです。
原作がもともとそうなのか、あるいは原作の一部分を描いたものだから仕方がないのか、なんとなく尻切れトンボだったような……?
長い物語の中の一部を切り取った、という意味では『風の谷のナウシカ』もそうだと思うのですが、なぜかあれほどの感動はなかったですねぇ…。
(いや、そうゆうのを求めちゃいけないお話なのかもしれないですが)

でも、結局うやむやのまま終わっちゃったこと(というか私が理解できなかったこと)がいろいろあって、ちょっと消化不良でした。
あの映画終了後、結局世界はどうなったんだろう、とか……。
人と竜はどうなったんだろう……とか。
いまいち不明。というか私の理解度が足りないのかも(^^;)

ううむ。原作をちゃんと読んでからくれば、もうちょっと理解できたかもしれません。
それともかえって、幻滅しただろうか……???

あ、でも絵と歌はとても素敵でしたよv
特に手嶌葵さんの歌う『テルーの唄』は本当に素敵でした。
あのシーンはよかったです♪

どこかのレビューで言われていたのですが、
いっそ『ロード・オブ・ザ・リング』のように何部作かにわけて
原作の世界を忠実にアニメ化したほうがいいという意見もありました。
あの映像で、もしそれが観られるなら、その方が嬉しいな~。
ジブリさんには頑張ってもらいたいものですv

EDIT  |  14:14  |  映画  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2006.08.01 (Tue)

ついにナルニアが届きました!!

待ちにまったナルニアのオーディオブックが届きました~♪嬉しい~♪

結局、ライオンさんの写真の方ではなく、イラストが描かれたパッケージの方(↓)を注文したのですが、

0694524751The Chronicles of Narnia
C. S. Lewis Ian Richardson Claire Bloom
Harper Children's Audio 2004-11

by G-Tools


開けてびっくり!!
そうか~こうゆうことなのね~と妙に感心してしまいました。

というも、どういう思いこみでか、私はてっきり、1巻につきCD1枚で、それがプラスチックのケースに入ってくるのだと思っていたのです。で、そのケースとCD本体にイラストが描かれているんだろうなーぐらいにしか思っていなかったのです。

ところが、いざ開けてみると引き出し式のボックスに入っていたのは、7冊の紙のケース。しかも私が持っているフルカラーの原書と同じ雰囲気の装丁(でもイラストはちゃんと違います)で、背表紙の色まで一緒。ためにしに『ライオンと魔女』の巻を開いてみると、絵本のような装丁のフルカラーイラストの台紙に1pにつき1枚ずつ、CDが収納されてるじゃありませんか! しかも当然そのCDもフルカラーのイラストつき。


すごい~~~~!!!!!


もうあんまり嬉しくて悶えました(笑)
いやぁ、こんなに凝ってるとは思ってなかった……。
でもよく考えたら、あの本1冊を1時間程度で全部読めるはずはないんですよね。1巻につきCD4枚も入ってるなんてすごくお得かも。
全部見てないからまだ分かりませんが、もし他の巻も4枚ずつ入っていたら、それだけで28枚?それでこの値段?

うーん、あまりオーディオブックって買ったことがないのでよく分からないのですが、でもなんとなく得した気がします。らっき~♪

CDも1枚目だけ聞いてみました。ドラマCDではなく朗読なので、まあこんなものだろうと思いました。
原書と比べてないのでよくわかりませんが、たぶん原書どおりではないかと思います。一応Unabridged版 と書いてあったので……。


いやー、それにしても本当に装丁が綺麗で、眺めているだけで幸せになれそうですv うっとり……v

今度は朗読に合わせて原書を読んでみようと思いました♪

テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  13:10  |  オーディオブック  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑
 | BLOGTOP |