FC2ブログ
2006年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2006.11.30 (Thu)

「ほぼ日手帳2007」が届きました♪

p_glencheck_main.jpg


待ちに待った「ほぼ日手帳2007」が届きました!!!
O(≧▽≦)Oヤッターーーー!!

ほぼ日ストアの対応はとても丁寧で、注文完了から発送まで逐一メールでお知らせがきて、しかもそのメールから簡単に現在の配送状況を確認できるという親切さ。思わず、昼休みに職場のパソでどこまで来たか確認しちゃいましたよ~。「お届け完了」と出たときは、ほんとにもう仕事を投げて帰りたかった……。

それはさておき、帰ってきていそいそと開封したところ、ショックなことが二つ。

(1)プリントカバーのグレンチェックが予想以上にコントラストが強く(もっとグレーに見えると思っていた)、ぺかぺか光っていたこと。
(2)プリントカバーセットとカバーオンカバー1枚を注文したのに、カバーオンカバーが1枚しか入っていなかったこと。(このセットにはカバーがおまけでついてくるはずなのに…)

(1)については、気を取り直してカバーをかけてみたら、光沢は気にならなくなりました。柄も、カバーをかけたらちゃんとファブリックぽくて可愛かったし、見慣れたらちゃんと可愛かった。ああ、よかった…(^-^;)

(2)については、とりあえずほぼ日ストアにメールしてみました。たぶん私の勘違いではないと思うんだけど……。今使っている手帳は、ロフトから取り寄せたものであるためにカバーオンカバーがないので、2枚欲しいなぁ…と思って注文したはずなんです。まぁ、来週あたりロフトに行く予定なので、買ってもいいんだけどね(--;

でもでも、本体やカバーオンカバーの使い心地はとってもよさそうです♪
2007版はデイリーのページに旧暦も追加になったし、毎月違う印刷の色は日本の伝統色とのこと。ちなみに、5月は萌葱色♪(←私のHNの由来ですv)

あと、カバーオンカバーを今使っている黒いナイロンカバーにかけてみました。そしたらすっごくいい感じ!! 使い込みすぎて、ちょっとヨレヨレになってたんですよ~(爆)よかった~。

それに、これで念願のカスタマイズができます。うふふふ。
ずーーーっとやってみたかったんですよぅ。
とりあえず、この(↓)イラストをはさんでみることに♪

art1_02.jpg


素敵でしょ?
実はこのイラストは「ほぼ日手帳カバー作ってみました」というサイトでダウンロードしたものです。みなさんご存知とは思いますが、カバーオンカバー用の素敵なイラストや写真がたっくさんあるんですよ~!!! 大好きなミュシャのイラストなんかもあって見てるだけでも楽しいですよ♪
あと家にあるTIMEやNationalGeographicsの写真を切り抜いてはさむのもカッコいいかも……( ̄ー ̄)ニヤリ

「ほぼ日手帳」は、私の場合、仕事やプライベートのスケジュールもメモも日記も読書記録も何でも書いてます。別に使い方を決めず、そのときの気分や状況に応じて、何でもあり。ノート代わりに日付に関係なく、未読本のリストや料理のレシピなんかをメモしてたりもするし。
たまに愚痴ってたりするけど(笑)、それはそれで、後で見たときに(見なくても)、私にとって「その日」が確かに存在したのだという証拠みたいでちょっと嬉しい。というのも、時間って目に見えないから、過去の1日1日は消えてなくなっちゃうような気がするけど、ほぼ日手帳に何かしら痕跡が残ってると、なんとなくちゃんと「その日」が存在したような気がするんですよね。スケジュールやメモや日記やときどきは映画の半券や、レストランのカードなんかを見ると、「ああ、私、この日こんなことしたんだっけ~」って思い出せる。それってなんかいいかも。今年のほぼ日手帳の言葉だったかな?「なんでもない日、おめでとう」というのがあるけど、まさにそんな感じ。だから、こんなにはまったのかな~と思います。だってほっといたら、昨日のことさえうろおぼえという貧弱オツムなんだもーーんっ(開き直り)

そうそう、この間、たまたま昔の手帳(見開き1週間タイプ)を見つけたんですが、今の私にとっては、もう問題外に書く欄が少なかったです(爆)

というわけで、来年もぜひヨレヨレになるまで使いまくりたいと思います。楽しみ~~~ッ(≧▽≦)
スポンサーサイト



EDIT  |  23:00  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

2006.11.29 (Wed)

Without a Trace (Nancy Drew Girls Detective #1)

Without a Trace (Nancy Drew (All New) Girl Detective)
by Carolyn Keene
読みやすさレベル3.7 総語数31,609(amazon.com) ★★★★★
132冊目 累計語数1,624,713

150万語通過報告をした際に話題にのぼった本です。なんだか無性に読みたくなって、一気読みしてしまいました(^0^)v

EDIT  |  12:32  |  洋書:児童書:YL3  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.11.27 (Mon)

3日で運がよくなる「そうじ力」

今日は、和書の紹介ですv


実を言うと、ここ1ヶ月ほど、ずーーっと調子の悪かった私。

「新聞が読めない、本が読めない」というサイアクの状態ではなく(洋書多読してますから^^;)、仕事もなんとかこなせるものの、精神的にかなり不安定な状態でした。特に休日は、平日だけ手伝いに来てくれる姑さんに対する気疲れが出るのか、はたまた寝室の掃除やたまったクリーニングにげんなりするのか、「やらなきゃ!!」という義務感だけはあるものの、全然やる気がせず、そんな自分にイライラしたり、脳天気にさらに散らかしてくれる息子にキレてしまったり……(T-T)

11月後半はほんとひどくて、一昨日の土曜日も、
「寝ても寝ても疲労感が抜けない」
「無性にイライラする」
「やらなくてはいけないことはたくさんあるのに、
 実際に何をすればいいのか判断できない」
「何をしても楽しくない」
「わけもなく涙が出て、自分がひどくみじめな存在に思える」
……と、まぁ、いわゆる抑うつ状態の症状がオンパレード。
ずっと薬も医者も断っていたのですが、冬になるとうつ病の人は悪化するとも言うし、これはもう医者にいくしかないかな~と、かなり思い詰めていました。

そんなとき読んだのがこの本↓。

3日で運がよくなる「そうじ力」 3日で運がよくなる「そうじ力」
舛田 光洋 (2006/09)
三笠書房

この商品の詳細を見る



実は1年以上前に、この本の前身である 『人生カンタンリセット!夢をかなえる「そうじ力」』という本も読んだのですが、当時はぴんときませんでした。そのときは具体的な掃除の仕方を期待して読んだからかな~。「そうじ」がもたらす影響の話ばかりで、具体的な掃除の仕方は全然なかったので、がっかりした記憶があります。
でも、最近これらの本がベストセラー入りしていて、気になっていたので、この本も買って読んでみたのです。(←懲りないヤツ)

そしたらアラ不思議。
なぜか今回はすっと胸に入ってくるものがありました。
本の主旨は、「そうじ」には、マイナスエネルギーを取り除き、プラスのエネルギーを呼び込む力がある。あなたの部屋はあなた自身を映す鏡。部屋を「そうじ」することで、頭や心の中をスッキリさせて、プラスのエネルギーを呼び込みましょう、というものです。
実際に運がよくなった人や、うつから回復した人、ゴミだめの中で暮らしていた筆者の体験談なども交えて、「そうじ力」の効用を分かりやすく書いてます。
特にうつについては、うつになると、どんどん部屋が汚くなり→うつがひどくなり→さらに部屋が汚くなる、という悪循環について書かれていました。
これはねぇ……経験者としてすごくよく分かる(--;;
部屋を掃除するどころか、お風呂に入ることも億劫になるもんなぁ……。汚れてるのが分かっても、それを落とそうという気力なんてないし、そのくせ部屋が汚いとますます滅入っていくし。

でも、不思議なことに、この本を読んでたら、無性にトイレ掃除がしたくなったんですよ(爆)
しかも、あちこちレビューを見ると、同じ感想を持った人がたくさんいるらしい(笑)

で、結局、朝の4時に寝たにもかかわらず、翌日8時には目を覚まし、目覚めと共にカーテンと窓を開けて寝室を換気し、朝食もちゃんと食べ、その後久しぶりに家中の窓を開け放って掃除をしました。トイレ掃除はやりそこねたけど、台所やお風呂場の排水溝も掃除してスッキリ。

で、すごく不思議なことに、気分もスッキリ。
あんなにイライラしていた前日とは全然気分が違うんです。睡眠時間ははるかに少ないし、相変わらず散らかってはいるのに。
それが、「そうじ力」のせいなのか、あるいはたまたまバイオリズムが復調したせいなのかは分かりませんが、でも寝室が汚いと疲れがとれないそうなので、もしかしたらそれが原因の不調だったのかも……(^^;)
というのも、「時間がない」と「疲れてるから」を理由に、寝室の片隅に本やら衣服などが雑多に置かれ、なんとなく部屋が埃っぽかったんですよね。平日はベッドメイクをしてる余裕もなく飛び起きて出かけるので、もちろん布団も起きたまんまの形(爆) しかも寝室なので、姑さんも遠慮して勝手には入ってきません。結果、部屋の空気はこもりっぱなし(--;)

………そりゃあ、疲れも抜けないよなぁ……(ーー;;;

というわけで、換気してきちんと掃除機をかけ、ほこりのたまっているところは、濡れぞうきんで拭きました。
そしたら気分的にかなりすっきり。
やっぱり埃には濡れぞうきんが一番ですね。たまった埃を一掃する爽快感は結構好きですv

まだまだ完全には片づいてないですが、一度に欲張らず、できることからちょこちょことやって行きたいと思います。
体の調子が悪いから部屋が散らかるのか、部屋が散らかっているから調子が悪くなるのか……どっちが先なのか分かりませんが、調子が悪くなったら、この本を読むといいかもしれません。なぜかそうじをしたくなる不思議な魔力を持つ本でした(^^;)


それにしても「換気」の力って偉大かも……。
実は私、超のつく寒がりなので、起床とともに寝室の窓を開けて換気する、なんてずっっとやったことがなかったのです(お天気のいい日中ならやりますが(^^;)いちおう、自動24時間換気のシステムもついてるし……と思ってさぼってました)。
でも、窓を開けて新鮮な空気を入れるって、やっぱり全然違うんですね。寝室にこもった空気を入れ替えるだけで、本当に気分がさっぱりしました。まぁ、今は冬なので、空気が冷たいせいで余計にそう感じるのかもしれません。
思えば、姑さんは、多少天気が悪くても、必ず朝起きてすぐ、リビングの窓を全開して換気するもんな~。
建物のためだと思ってたけど、人間の心にとっても換気って大切なのかも……と痛感させられた1日でした。そうじを毎日続けるのは大変かもしれないけど、換気くらいならできそうなので、ちょっと頑張ってみたいと思います。
この本でも、「そうじ」がだめなら「換気」だけでも…、と言われてましたしね(^^)
(無理をしない、楽しんでやる…というスタンスがちょっと多読と共通してるかも♪)

そういえば、「そうじ力」で古い恋を精算して新しい出会いも呼ぶことができるみたいです。恋人募集中の方は読む価値アリかも!!(>▽<)

テーマ : ☆家事☆ - ジャンル : 結婚・家庭生活

EDIT  |  12:39  |  和書:その他  |  TB(2)  |  CM(4)  |  Top↑

2006.11.23 (Thu)

ほぼ日手帳、買わなくちゃ!

前回の記事のコメントで『ほぼ日手帳』を話題にしていて、ふと思い出しました。

私、今は4月始まりの『ほぼ日手帳』を使っているのですが、よく考えたら、今までずっと1月始まりの手帳を使ってたんですよね。
ただ、今年の3月頃、どうしても『ほぼ日手帳』が欲しくてたまらなくなって、4月始まりの手帳をゲットしたのでした。

ということは、つまり。

1月始まりの手帳をゲットしたほうがいいのでは……?( ̄□ ̄;)!!




………ってなわけで、ほぼ日ストアに行ってまいりました(^^;;)

ずっと赤い皮とプリントカバーで悩んでいたのですが(雫さんにもご迷惑をおかけして)、結局↓のプリントカバーで注文しました~!!! うっひょーーーい!!O(≧▽≦)O

p_glencheck_main.jpg


よ、よかった……。売り切れになる前に気がついて…(^-^;
EDIT  |  01:14  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

2006.11.22 (Wed)

One Day You'll Know (Heartland #6)

One Day You'll Know (Heartland)
by Lauren Brooke
読みやすさレベル4.3 総語数36,169 ★★★★★++
131冊目 累計語数1,593,104

キャーq(≧∇≦*)(*≧∇≦)pキャー
読みました! ついに、読みましたよ!!
Heartland 第6巻!!

みなさんのお薦めのとおり、とても面白かったです!

**あらすじ**
Melodyの仔馬も無事に生まれ、ひと安心したのもつかの間、Daybreakと名付けられた仔馬の調教にAmyとTyは苦戦を強いられていた。また、初めての母親のいないThanksgiving Dayが目前に迫り、Amyの気持ちは塞いでゆく。
そんな中、天敵であるAshleyにクリスマスパーティに招かれたAmy。パーティをきっかけに、MattやTyとの関係も変化し始める一方、Louは父親探すためにHeartlandを離れると言いだし……


ウキャ─────ッッッ!!(///▽///)
なんですかっ、これはっっ!!!

なんだかんだでずいぶん時間がかかってしまいましたが、みなさんのおっしゃる通り、かーなーりー読み応えがありました。

相変わらずの息をつかせぬ展開に、今回は少女マンガちっくな要素もてんこ盛りで、もう赤くなったり青くなったり大変(笑)

いやはやまったく……パーティのシーンなんかもう、Amyと一緒に頬を染めながら読んじゃいましたわ~(//▽//)

それにしてもAmyの成長っぷりには本当に驚かされました。ほんの数ヶ月前まで猪突猛進瞬間湯沸器を絵に描いたような行動ばっかりだったのに、今回はLouの心情を理解して必死で彼女を心配させないようにしたり、なぐさめの言葉をかけたり、お祖父さんのJackに対しても、心配させないように言葉を選んだり……。自分一人の肩に何もかもがかかってくるプレッシャーの中、相手の立場に立って思いやれるようになったAmyにとても感心しました。もちろん、弱くなったり感情を爆発させたりもしますが、今までのAmyとはやはり何かが違う。
しみじみ「大人になったわね~」と、気分はすっかり親戚のおばちゃん(笑)
あ、あとMattやTyとのやりとりも青春そのもので、もうくすぐったいやら微笑ましいやら恥ずかしいやら(*>▽<*)
TyとAmyの間に流れる空気がもーーーーーったまりません!!ますます目が離せないですねぇ。この先どうなるんでしょうvv(ワクワク)

あいからわず、Heartlandの英語は読みやすいですね。知らない単語も結構あるはずなんですが、あまり複雑な文法がないせいなのか、レベルの割にはひっかからずに読めました。特に今回は脳内シアターが絶好調で、冬の朝の場面では、匂いや空気の冷たさまで伝わってくるようでした。枕草子の「冬はつとめて…」じゃないですが、夜明け前の凛と澄んだ冬の空気を体感できてちょっと感動です。
あ、あとbig blunchとかね~。湯気を立てる料理の数々が目に浮かんで、本当においしそうだったよ~!!


それにしてもMatt君。
……君は本当にそれでいいのか??!!(T□T)



テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  12:10  |  洋書:児童書:YL4  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

2006.11.21 (Tue)

ほぼ日緊急情報♪

えー、毎日お世話になっている『ほぼ日手帳』ですが。

人気のプリントカバー、

11月22日午前11時から

追加発売が始まるそうです!! →詳細はこちら

私自身は4月始まりの手帳を使っているので、虎視眈々と2月の発売を待っているのですが、もし「1月はじまりのプリントカバーを買い逃した~」という方がいらっしゃいましたら、要チェックですヨ♪


実は先々週末、ディズニーランドで遊び倒したせいか、なかなか疲れが抜けず、先週からずっと体調不良で、仕事をこなすので精一杯という状態でした。
そういうわけで、2週間くらい停滞気味だったのですが、その反動か、2,3日前から無性に洋書が読みたくなり、半分ほど残っていたHearlandの第6巻と、Nancy DrewのGirl Detectiveのシリーズを一気に読み終えてしまいました(私にしては珍しいペースでした)。
どっちも面白かったです♪ 
近日中に、レビューしますね
EDIT  |  17:47  |  雑記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.11.16 (Thu)

Because of Winn-Dixie

Because of Winn-Dixie
by Kate DiCamillo
読みやすさレベル3.8 総語数22,331 ★★★★★
130冊目 累計語数1,556,935 

**あらすじ**
10歳のOpal は牧師の父とともに、新しい町へ引っ越してきます。母親は幼いOpalを残し家を出てしまったため、Opalは母親のことを何も覚えていません。
知らない土地で友達もなく寂しい毎日を過ごしていたOpalですが、ある日偶然に大きな毛むくじゃらの犬と出会います。Winn-Dixieと名付けたその犬は犬のくせにsmileするとっても愛嬌のある犬。そうしてWinn-Dixieと一緒に行動するうちにOpalには次々と新しい出会いが訪れ……?


えー、読み終えてから2週間も経ってしまいました。
よって、ちょっと感想の勢いが落ちてますが…(^^;)

犬本つづきということで、今回も犬本です。
とにかく表紙のぬいぐるみのような犬の写真にやられました。
か…可愛い………。

内容もすごく読みやすかったです。わりと字も大きめで詰まっている感じがしないので、よけいにそう感じたのかも。
Winn-Dixieはあまり派手な活躍をする訳ではないのですが、要所要所でいい味を出してくれます。その存在感がたまらないです。

最後には頑なな父親の心情も分かり、思わずほろり。
素直にいいお話だったと思います。

レベル的にはShiloよりもこっちの方が読みやすいですね。
主人公の人生だけではなく、主人公と出会う人々にもそれぞれ人生があり、人はやっぱり自分以外の人とのつながりの中で生きているんだなぁと感じられたお話でした。

ところで、実は私、この犬の名前も勘違いして覚えてました。
何かというと、

ウィニーディクシー
だと思っていたのです。

というのも、なぜか犬の名前を勝手にWinnie-Dixieだと思いこんでたんですよね(笑)
そそっかしいのでよくあるんです、そういう間違い。中程まで読んで、ようやく気づきました。
実は、ハリーポッターの登場人物ハーマイオニーも、ずっとハルモニエ(だったかな?)だと思いこんでたりして……。
初めて邦訳を読んだときは衝撃でした(>▽<)←いや、単なるバカだから…

今現在はHeartlandの6巻を読んでいますが、次は何にしようかな?
うちにある犬本といえば、もう"Strider"しかないのですが、どうやらこの本は"Dear Mr.Henshaw"の続編らしいのでそっちを先に読んだ方がいいのかな…?


StriderDear Mr. Henshaw (Avon Camelot Books (Paperback))

テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  12:09  |  洋書:児童書:YL3  |  TB(1)  |  CM(4)  |  Top↑

2006.11.06 (Mon)

Island Boy

Island Boy: Story and Pictures (Picture Puffins)
by Barbara Cooney
読みやすさレベル3.8 総語数2,202 
129冊目 累計語数1,556,935

**あらすじ**
開拓時代の小さな島を舞台にしたある家族の物語。
その島に住んでいるのは両親と子供12人の一家族だけ。厳しく豊かな自然の中で、自給自足の生活をする一家。やがて時は流れ、子供たちは大きくなり島を出て行きますが、末っ子の男の子だけが、すっかり大人になってから島へ戻ってきます。


ほぅ……。相変わらず淡々と、けれど美しく、開拓時代のアメリカの風景が描かれています。四季折々の美しい絵から、毎日の生活を大切に生きていた当時の空気が伝わってくるようでした。

物質的に豊かすぎる現代社会で、私たちが失いつつある『何か』。その『何か』を感じさせてくれる絵本…かもしれません。

あ、でも最初にこの本を手にとったときは、表紙の少年の表情がちょっと怖かったんですけどね(^^;)

テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  19:16  |  洋書:絵本:YL3  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2006.11.05 (Sun)

Shiloh

Shiloh
by Phyllis Reynolds Naylor
読みやすさレベル4.5 総語数31,000 ★★★★★
128冊目 1,532,402語

**あらすじ**
ある日、11歳の少年Martyは、川沿いの道で逃げてきた1匹のビーグル犬と出会う。だが、その犬は町の嫌われ者Juddの犬だった。Juddにひどい扱いを受けているらしいその犬と再び出会ったとき、Martyは犬にShilohと名づけ、どうにかかくまおうとするが……?


なんだかんだと犬本つづきだったので、勢いで読んでみました。
難しいかな…と思ったのですが、Heartlandとほぼ同じレベルということで、意外にスムーズに読了できましたv

ああ、それにしても動物ものはやっぱり胸にくるものが多いです(T-T)

とにかく怯えるShilohの姿が痛々しい。Martyを信じて待つ姿やじゃれる姿もいじらしくて涙が出ます。
そしてまたShilohを必死でかくまおうとしながら、同時に家族に嘘をつき続けなくてはならないMartyの葛藤も切なかったです。ほんと二人ともいじらしいったら~(涙)
さらに印象的だったのが、父親の強さです。子どもに迎合するのではなく、きちんと道理を通さなくてはならないところは通す、という厳しさがひしひしと伝わってきて、まるで自分がMartyになったように緊張したりしました。うーん、父親はやっぱりこうでなくちゃいかん…と思ってしまったり。


さてさて、この”Shiloh”という犬の名前。

実は私、ずっと「シロー」だと思ってました。脳内音読はずーーーっと「シロー」だったんです。
で、読み終わってからたまたまamazonのレビューを見ましたらば、

あ、 シャイロ って書いてる……



「シャイロ」だったんですか?! Σ(゚д゚lll)ガーン
「シローーーーーー」の方が呼びやすいと思うんだけど…。
(そういう問題じゃないってば)
分かっちゃいても、私の中ではすっかり「シロー」になってしまったビーグル犬。
3部作ということで続きが2冊あるそうなのですが、やっぱり「シロー」と読んじゃうような気がするなぁ(笑)


※性懲りもなく、秋仕様に模様替えしました♪コロコロ模様替えしてご迷惑をおかけしますm(_ _)m




テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  00:34  |  洋書:絵本:YL4  |  TB(1)  |  CM(4)  |  Top↑
 | BLOGTOP |