FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2005.12.09 (Fri)

リスニング(5)

さて。さらにこんな問題もあります。これもまた日本人にとっては最大の難関かもしれません。
何かというと、

 ・英語を英語のまま理解できない

です。
これは英文和訳に重点をおいた学校英語の弊害でしょうね~(^^;)
私たち日本人はどうしても、英語をいったん日本語に置き換えるくせがあるようです。そんでもって特に邪魔なくせが返り読み。関係代名詞なんかがでてきたときに、文章の前に戻って訳すあれですね。

……が、リーディングはともかく、リスニングやスピーキングでこれをやると、絶対間に合いません。またTOEICでは決められた時間内に相当量の英語を読む必要があるので、いちいち日本語に訳して理解していたのでは、はっきりいって時間がいくらあっても足りません。
英語の達人は、通訳者の場合はまたちょっと話は違いますが、基本的に「英語は英語のまま」理解しています。ウェルニッケ言語野の英語脳の部分を使ってるのです。私の知り合いのバイリンガルはみなさん英語で話すときは頭の中が英語だけになってる、と言います。代わりに日本語で話すときは日本語だけになっているのだそうです。

じゃあ、英語を英語のまま理解する、というのはどういうことか。

それはつまり、日本語を思い浮かべず、頭の中で訳したりせず、英語を英語の順番で聞いたとおりにイメージを浮かべられる、ということです。

まず単語レベルで考えると、私たちが英語を聞いたとき、

 英単語  →  日本語  →  イメージ

という現象が起こっています。

 apple  →  りんご  →  リンゴのイメージ

という感じですね。が、これから真ん中の「日本語」を抜き取ります。

apple → appleのイメージ

と思い浮かべるのです。
英語も「言語」です。言語は群れの中で誰かに対し、「何かを表し、何かを伝える」ために存在する伝達の手段です。だから、英単語そのものも「何か」を表しているのです。具体物、抽象的な概念などさまざまですが、英語の世界は英語の世界で、独自に「何かを伝える」道具として確立しているので、いちいち日本語を介在させなくても、ちゃんと「伝える」ことも「理解する」こともできるのです。
だから大切なのはイメージなんです。

apple, orange, snow, love, peace, smile, angry etc, etc....

こうした言葉を見たときに、日本語を思い出すのではなく、そのまま頭の中に映像を思い浮かべるのです。 apple やorangeやそのものを。snowなら雪降る風景を。love, peace などは色やその雰囲気を。smileやangryなら、そうゆう表情を……イメージするのです。
これはすべての単語に言えます。ものの名前や動作を表す言葉は比較的簡単です。抽象的な言葉は少し難しいですが、それも「英語 → 日本語 → イメージ」と思い浮かべ、その後で、「英語 → イメージ」と結びつけるようにするとよいです。ただ、英語と日本語はもともとまったく異なる言語なので、必ずしも英語と日本語の意味がきちんと対応するとは限りません。なので、英単語のイメージを無理に日本語にあてはめようとせず、柔軟な心で「そのまま」受け入れられると一番よいです。

それから、文章についてですが、これはね~。明らかに受験英語のせいですよね~(T-T)
でも、大丈夫。だって私たちだって、

I love you.

のような短い英語を「私はあなたを愛しています」なんて考えません。
あいさつだってそうですよね。
だって、I love you.は I love you.なんです。その言葉の持つイメージをそのまま受け止めてください。
そしてこの「イメージする」という感覚を、多少長い英文を聞いたときにも維持できるようにする。大丈夫、長い文章も頭から順番に理解でいます。だってネイティブはそうしてるじゃないですか!

I loved her who lives in New York city now.

は、「私は、今はニューヨークに住んでいる彼女を愛していた」ではなく、I loved her(私は愛していた彼女を) / who lives(その人は住んでいる) / in New York city(ニューヨークに) / now(今). とそのまま順番に理解していけばいいのです。日本語としては変だけど、意味は通じるでしょ?言いたいイメージが伝わればそれでいいんですから!

この感覚を身につけるためは英語の多読がとても役に立ちます。英語を「読む」際に、返り読みしたり日本語を思い浮かべてしまううちは、どうしてもリスニングの際にもそれが起こります。
英語を英語のまま読む感覚を身につけることで、いつのまにか英語を英語のまま聞くこともできるようになります。

英語の多読についてはまた今度ゆっくりお話しますね!
Happy listening!


応援クリックお願いします♪

スポンサーサイト



テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  10:41  |  リスニング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |