2018年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.04.30 (Sun)

"Sarah, Plain and Tall"

Sarah, Plain and Tall (Sarah, Plain and Tall Saga (Paperback))
by Patricia MacLachlan
読みやすさレベル3.5 総語数7,700 ★★★★☆

AnnaとCalebと父親は大草原の中の農場で3人で暮らしています。母親がCalebを生んですぐなくなってしまったからです。ある日、父親が花嫁募集の広告を新聞にのせたところ、Sarahという女性から返事がありました。手紙でのやりとりを経て、とうとうSarahが大草原にやってきます。子供達はあっという間にSarahが大好きになりますが、Sarahは故郷の海を想って寂しそうな目をします。Sarahが自分たちを置いていってしまうのではないかと、二人の子供は気が気ではありません──。



大草原を舞台にした美しいお話です。MacLachlanの文章は平易でとても美しいですね。それでも叙情あふれる文章が最初のうちは読みにくくて(GRとBoxcar Childrenの後ですから…^^;)、かなり時間がかかりました。意外に単語が難しかったせいもあると思います。鳥の名前や花の名前など分からなくてもお話の筋にはそれほど影響ないのですが、わからないとそこだけ映像シアターにもやがかかるのよねぇ(苦笑) でも、色の表現がとても上手な作家さんだと思いました。最後は、思わずほろり 淡々と、けれど美しく。そんな印象を抱いた本でした。

読了したのは5日も前ですが、なかなかブログをかけずにもんもんとしていました。子供を寝かしつけてから……とか思うのですが、ベッドに子供を抱いて横になって、次に気がつくと朝なんですよね(爆)
はぁ……この意志の弱さが歯がゆいっす……(ーー;;;
スポンサーサイト

テーマ : ペーパーバック@多読入門 - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  23:09  |  洋書:児童書:YL3  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

*Comment

もえぎさん、こんばんは。
私も、かなり前に読んだ本をアップしています(⌒o⌒;A
明日は何冊アップしようと思うのですが、
意志の弱さが出ているのかアップせずに。。。
そして、数冊たまってしまっています(汗)

ちょうど今、「Little House」のシリーズを読んでいるので、
今のうちにアップしようと思っています。

後、お聞きしたい事があって。。。
もえぎさんのblog「りんごの木の下で」に
リンクしてもいいですか?

P.S.モリー先生の小鳥のシーン。
私も余裕をなくしていたので、ジーンと
来ました。
紗香(すずか) |  2006.05.02(火) 20:42 |  URL |  【コメント編集】

:紗香さん
レス遅くなってすみません!
そうなんですよね~ブログが読むスピードに追い付かないんですよね(;^_^A
リンクの方、大歓迎です。こちらこそぜひリンクさせていただきたいです。よろしくお願いします!
(携帯からの書き込みなのでとり急ぎ用件のみで失礼します(^^)v)
もえぎ |  2006.05.05(金) 15:10 |  URL |  【コメント編集】

もえぎさん、こんばんは。
わざわざ、携帯からありがとうございます。

リンク完了しました。
これからも、よろしくお願いします♪
紗香(すずか) |  2006.05.07(日) 21:16 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。