FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.05.19 (Fri)

Heavenly Village

The Heavenly Village
by Cynthia Rylant
読みやすさレベル4.4 総語数9,908 ★★★★☆

**あらすじ**
人は死ぬと天国に行くという。だが中にはまっすぐに神の庭に飛んでいけない者もいる。そんな人々が暮らす場所──それがHeavenly Village。自分の思い残したことを成就させるまで、人はこの村で生きていたときと同じように過ごす。天国と地上の間にある不思議な街……これはその街に暮らす7人の人間たちの小さな物語──。


エリエール本の中でもずっと読んでみたかったお話です。ようやく読みました。通称「天国村」。

美しい物語でした。文章も描写もとても美しかったです。



……そして美しすぎて、読みにくかったよ………(--;;;



いやー予想以上にしんどかったです(^^; 読みやすさレベルは4。Heartlandと同じはずですが、ほんっとうに読みにくかった。
Cynthia Rylantさんの文章はすごく素敵なのですが、その分、実はちょっと読みにくいのですよね。難しいというか。
彼女の書いたレベル2のCobble Street Cousinsのシリーズを読んだときもそう感じたのですが、なぜか少し読みにくいのです。レベル2ではそれほどでもなかったのですが、レベル4にもなるとかなりわけわからんかったな~(^-^;;
日本語でも「誰々が何々した」という情景描写よりは、詩的な文章の方が難しいですものね。
また、お話の内容そのものが、聖書の世界や精神世界という概念的なものだったせいもあり、余計に難しく感じました。「誰が、いつ、どこで、何をした」という情景描写が多い物語の場合、かなりレベルが高い本でもそれほど大変ではないのですが、映像にしにくい概念的なお話は簡単なレベルでもやはり難しく感じます。聖書や神さまについて、体に染みついたイメージがないから余計かも
 最後には神様も登場していましたが(お家に遊びに来る神様って一体……?!)、完全に脳内シアターはそこだけモヤがかかっていました(爆)
キリスト教の神様ってイメージ湧かないんですよ~。キリストならまだしも…(^^; というか神様ってお家に遊びにくるんですか?!

それでも、7人それぞれのお話はそれぞれ切なくてよかったです。
特にお医者さんのお話が、私には切なかったな~。
難しかったけれど、お話としては透き通るような綺麗なお話でした。装丁も美しくて素敵です。児童書に分類しましたが、大人にこそ読んでもらいたい本かもしれません。
ううむ。もう少し、「読書力」がついてから再読してみたいと思います
スポンサーサイト

テーマ : ペーパーバック@多読入門 - ジャンル : 本・雑誌

EDIT  |  00:12  |  洋書:児童書:YL4  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

♪遅くなりましたが・・・

やっぱりですか?(笑) これはホントに、Heartlandと同じれレベルの本とは思えないですよね。

>最後には神様も登場していましたが(お家に遊びに来る神様って一体……?!)、完全に脳内シアターはそこだけモヤがかかっていました(爆)

大爆笑ヾ(≧∇≦ ) そういえば、そんなんありましたねぇ~。神様、息抜きですか? ギリシャ/ローマ神話や、日本の神様ならありそうな話ですけど、キリスト教になるとちょっとイメージがわきません。

>Cynthia Rylantさんの文章はすごく素敵なのですが、その分、実はちょっと読みにくいのですよね。難しいというか。

まずはこの人の書く文章に慣れよう!という気持ちもあって、今Poppltonシリーズを読んでいます。レベル1.5前後ですが、この程度だとまだ大丈夫(;-_-) =3 このまま徐々にレベルを上げていき、リハビリが完了したら、また再読するつもりです。
ちゃか |  2006.05.21(日) 11:38 |  URL |  【コメント編集】

♪同感です。

もえぎさん、こんにちは。
私もそうなんですよ。
人気作家だけに、読みにくいと言いずらかったのですが、
同じ感性を持っていると知って安心しました。

もうすでに、レベル2の「Cobble Street Cousins」
でへきへきしている私(⌒o⌒;A
紹介している本は、しばらく先になりそうです。
紗香(すずか) |  2006.05.21(日) 15:55 |  URL |  【コメント編集】

♪*ちゃかさん*

やっぱりキリスト教の神様の姿って想像つかないですよね~!
だいたいキリストの像や絵はたくさんあっても神様の絵ってないじゃないですか(T-T)

Cynthia Rylantさんの文章に慣れる、というのはすごくいい方法だと思います。私もMr.Putter and Tabby と Cobble Street Cousinsでリハビリ中です。Mr.Putter and Tabbyまでならなんとかなりますが、Cobbleの方はやっぱりときどきすきっと理解できません。Poppletonさんのシリーズもとても気になっています。ちゃかさんのレビュー毎回楽しみにしてるんですよ~。
洋服ネタがかなり好きです(^^)
もえぎ |  2006.05.22(月) 09:15 |  URL |  【コメント編集】

♪*紗香さん*

ああ~よかった~。
紗香さんもそう思われたんですね。

Cobble Street Cousins 大好きですが、やはり少し難しいです。Marvin Redpostと同じレベルとは思えない(ーー;;
単語もときどき難しいし、知っている単語だけで構成された文章なのにぴんとこないときもあります。
私だけじゃないと知って安心です(^^)v

それでも伝わってくる雰囲気が好きで、やっぱり離れがたいCynthia Rylant。。。。 もう少し修行してから、もう1度、この本にも挑戦してみたいと思います。
もえぎ |  2006.05.22(月) 09:27 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。