2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.06.08 (Thu)

The Elephatn Man (Oxford Bookworm Level 1)

Elephant Man/Oxford Bookworms (Oxford Bookworms S.)
by Tim Vicary
読みやすさレベル1.9 総語数5,900 ★★★★☆

**あらすじ**
象のように異様に大きな頭、太い手足、垂れ下がった皮膚──あまりに醜い容姿のため見せ物小屋で見せ物にされていたMerric。偶然彼を知ったTreves医師は、彼を診察し名刺をもたせるが──



ぷち停滞中のため、本をまったく読んでいないので(^^;)、以前読んだ本を紹介したいと思います。

偶然図書館で見つけたこの本。Elephant Manという名前だけは知っていたのですが、内容は今回初めてしりました。読み終わって愕然。こんなお話本当にあるんですね。
今だったら整形外科の技術が進歩しているので、もしかしたら何か方法があるのかもしれませんが、当時はもちろんそんな技術があるはずもなく……淡々とした文章で書かれていますが、Merricの人生を思うと、かなり切ないものがあります。
これが実話だというのだからすごいです。思わずGoogleのイメージ検索でElephant Manを検索してしまい、本物の写真を見て余計に哀しくなりました。
彼の頭蓋骨はマイケル・ジャクソンが持っているそうですね。なんだか……それも哀れなような気がするのは私だけですか? 死んでなお、所有物にされるだなんて……。

いやー、予想以上に重いお話でした。そういう姿で生まれたのは彼の意志ではなかったでしょうに…。彼の半生が幸福だったことを祈るのみです。
そうそう、ずいぶん読みやすい英語だな~と読み終えてから作者さんを見て納得。なんとTim Vicaryさんでした。うーん、やっぱりGRの作者さんとしてはこの方はピカイチですね。

スポンサーサイト

テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  14:35  |  洋書:GR:YL1  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。