FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.07.10 (Mon)

Some Good News (The Cobble Street Cousins #4)

Some Good News (Cobble Street Cousins (Paper), 4)
by Cynthia Rylant
読みやすさレベル2.5 総語数2,740 ★★★★☆

**あらすじ**
Lily, Tess, Rosieの3人が暮らすCobble Streetにも春が訪れます。Aunt Lucyのお花屋さんと、そこに集う近所の人たちが大好きな3人は、いいことを思いつきます。自分たちでミニコミ誌を作るのです。Lilyは詩を、Tessはお気に入りのジョークを、Rosieはおいしいショートブレッドの焼き方を──さぁ、3人は素敵な新聞を作ることができるでしょうか?



あああああ、可愛い…。可愛すぎる…。
淡いライラック色の表紙にまたしてもやられそうです。エリエールの中では読みやすい部類に入るこの本。リハビリも兼ねて、ちょっと手を出してみました。

うーん、相変わらず、Cynthia Rylantさんの文章は素敵。
言葉ひとつひとつが、とても丁寧に選ばれている印象を受けます。軽やかで、透明で、温かくて。もうこれはCynthiaワールドと呼ぶしかありません。Mr.Putter and Tabbyといい、この方は本当に独特の世界観を作るのがうまいですねぇ。もちろん、イラストの力も相当あるのですが、少女たちの鈴が転がるような笑い声が聞こえてきそうな文章が、やっぱり素晴らしいと思います。

あー…まぁ…素晴らしすぎて、ときどきかなり分からないところもあったりするんですけどね(^^;;
新聞にのせられていたTessのジョークも、はっきり言って何がおかしいのかさっぱり分かりませんでしたけどね……(T-T)

うう、それでもCynthia Rylantさん大好きです。
今回もほんわかと癒されました♪

スポンサーサイト

テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  23:28  |  洋書:児童書:YL2  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

わたしもこのシリーズ好きです。ぜんぶ読みました。
このレベルのものがちょうどいいかんじの今日このごろ。
だって、蒸し暑くってなんか読書が停滞しています。

最後の機関車ジョークは娘たちはすきでした。
CHERRY |  2006.07.12(水) 22:54 |  URL |  【コメント編集】

♪*CHERRYさん*

こんばんは! ご無沙汰してます~。
このお話ほんと可愛らしいですよね。
ああ、でもあのジョークが分かるなんてすごいです(>▽<)

私も、いまはあんまり難しいのはつらいなぁ。
だってねぇ…。この暑さですもん…(T-T)
もえぎ |  2006.07.13(木) 21:28 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。