FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.08.28 (Mon)

Frog and Toad All Year

Frog and Toad All Year (An I Can Read Book)
by Arnold Lobel
読みやすさレベル1.4 総語数1,700


**あらすじ**

ある冬の朝、そりすべりをしようとFrogがやってきます。暖かいベッドの中にいたいToadは嫌がりますが、結局Frogにのせられて、そりすべりをすることに。
そして高い丘の上から一つのそりに乗ってすべりだしたFrogとToad。急な坂をすべりおり、そりはぐんぐんスピードをあげます。大興奮のToadは後ろにいるはずのFrogを振り向きますが……?


久しぶりに一冊読了です(^^;;

最近ほんとうにペースが落ちていて、まったく多読がすすみません。仕事が忙しかったのと夏ばて気味だったせいかなぁ……。
子どもと一緒に寝て、早く起きて本を……と思うのですが、結局、いつもどおりに起きて、睡眠時間だけきちんと確保してる今日この頃(T-T)
やっぱりできるだけ早く子どもを寝せて、夜読むのがいいのかなぁ……。
でも朝早く起きた方が、体にも脳にもいいとも聞くので、本当は早く起きて好きなことをするのがいいんだろうなぁ……と葛藤中の今日この頃です。

そんなわけで、ずーーーーーーっっと、ダールの『James and the Giant Peach』をちまちまと読んでます。
ほんと、1日1ページとか、1日5行とか(笑)
夜読もうと思っても、最近いちおう朝方生活だったので眠くて起きてられないんですよねぇ。困ったもんだ。

そんな中、気分転換に読んだのがこの本でした。
さらっと読めて、しかも奥が深い。うーん、さすがArnold Lobel。この人の書くお話は、ほんとうにほのぼのとしていて心があたたまります。
この本はFrogとToadのお話を季節ごとに集めたものです。Down the Hill, The Corner, Ice Cream, The Surprise, Christmas Eveの5話からなります。
どのお話も、二人のお互いを思う気持ちが伝わってきてしみじみと優しい気持ちになれます。個人的にはThe Surpriseが好きです。こんな風に、なんの見返りもなく、誰かのために何かをしてあげるってとても素敵なことだと思います。


それにしても……停滞気味なのは本のせいなのかしら?
『James and the Giant Peach』は特に難しいこともなく、読み出すとそれなりのスピードで読めるのですが、いまいち続きが気になって仕方ない、というほどではありません。惰性で読んでる感じ。
それがよくないのかなぁ? とっとと投げてHeartlandにしたほうがいいかしら(笑)

あ、ちなみに『ゲド戦記』は原書を読んでみたところ、最初の3ページほどで撃沈しました(^-^;)
Harry Potterと同じくらいのレベルのはずなんですが、全然ダメ。とりあえずエリエールに逆戻りです。
大ざっぱにストーリーをつかむ、ということはできなくもないのですが、とても深い世界観を感じるので、いいかげんにとばし読みすると、後でつらそうで……(^^;;) それにどうせ読むなら、すみずみまで味わって読みたい本ですしねv

さっさと今の本を読み終えて次に行きたいなぁ…(トホホ…)
スポンサーサイト

テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  13:20  |  洋書:児童書:YL1  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。