FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.09.12 (Tue)

Wedding Flowers (The Cobble Street Cousins #6)

The Wedding Flowers (Cobble Street Cousins)
by Cynthia Rylant
読みやすさレベル2.5 総語数3,600 ★★★★★

**あらすじ**
バレエの公演を終えた親元に戻っていった少女たちが、Cobble Streetに帰ってきます。Aunt LucyとMychaelの結婚式が行われるからです。しかも花嫁の付添い人bridesmaidを頼まれただけでなく、結婚式のおもてなしまで頼まれた3人は大はりきり。素敵な結婚式にしようといろいろとアイデアをこらします。


とうとう読んでしまいました!
Cobble Street Cousinsの最終刊!!

いやぁ…やっぱりよかったです。本当にもうこのお話って……。
Aunt Lucy とMichael。そして3人の少女と近所の人たち。
それぞれがお互いを思いやっていて、とても幸せな気持ちになります。
特にAunt LucyとMichaelから、それぞれの少女にプレゼントが贈られたシーンとか、Michaelが始めて花嫁姿のAunt Lucyを見たところとか、子どもの話をするシーンとか……。
思わず涙ぐんでしまうこと数度。おしゃまな3人の少女の目線から見たとはいえ、ある街のささやかな日常であるこのお話が、こんなにも胸に染みるのは、その根底に流れる深い愛を感じるからでしょうか。
Lily、Rosie、TessとAunt LucyやMichaelがお互いに持っている信頼と愛情。そうゆうものが、軽快な会話のはしばしに感じられるんですよね。
なかなか現実はそんな風にいかないので、余計にそれがうらやましいのかもしれません。

いやーよかったよかった。シリーズの中では一番好きかも。
シリーズ最初の頃は3人の少女のキャラと名前がごっちゃになっていて、適当に読んでしまったので、また後で再読してみたいと思いますv


あ、そういえば、この本でようやく140万語を越えました。
長かったな~。130万語通過が5月19日なので実に4ヶ月近くかかっています。それまで1ヶ月10万語ペースで読んでいたので、結構ショック大きいなぁ…。どうやったら前のペースに戻れるだろうか……(^^;)

スポンサーサイト

テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  06:25  |  洋書:児童書:YL2  |  TB(0)  |  CM(4)  |  Top↑

*Comment

♪おめでとうございます!

もえぎさん、こんばんは!
140万語通過おめでとうございます~
お仕事されながらの多読、それだけでもすごいと思います!
私の場合、車通勤&平日は疲れきって読書どころではない気がします。なので、きっと仕事しながらだったら、月5万語がいいところではないかと思っています(泣)

Cobble Street Cousins実は1巻を読んで気に入って、そのあとの巻は、停滞用にとっております。これならば、仕事しながらでも読めるかな~と思うんですよね;;

もえぎさんも、無理されないでゆっくりリハビリしてくださいね~
りあ |  2006.09.12(火) 22:26 |  URL |  【コメント編集】

♪私も好きです

私もこのシリーズの中で
この巻が一番好きですv-10

読んでいるこっちまで
幸せをおすそ分けしてもらえる感じがして
私もウルウルしてしまいました^^

そうそう3人が誰が誰だか
分からなくなっちゃうんですよね。
新しい巻を読むごとに
この子はこうで、この子がこれで~なんて
何でも確かめてしまいました(笑)

私も絵本ばかり読んでいるので
冊数ばかりが増え、ちっとも語数が増えていきません(笑)
でも語数よりも
本を読むことが楽しいか楽しくないかが
きっと重要なことだよねっと
自分で励ましたりしちゃってます^^;



すいかちゃん |  2006.09.12(火) 22:28 |  URL |  【コメント編集】

♪**りあさん**

ありがとうございます!

そうですね、仕事しながらここまで続いただけでも、大満足かな(笑)
今年前半は仕事が忙しかったり、子どもが小学校に上がったり、姑さんと半同居が始まったり、冠婚葬祭が続いたり…と、たぶん公私ともに忙しかったので、ほそぼそとでも続いただけでもよかったのかも。

とりあえず、ためまくったエリエール本を消化するまでは、
もったいなくてやめられません(笑)

Cobble Street Cousins はリハビリにちょうどいいですよ~
難しすぎず、かといって易しすぎず、中身も暖かくて癒されます。
量がすくないのですきま時間でも読めますしね。

疲れたときの息抜き用にいいと思います。
楽しんでくださいね♪ 
もえぎ |  2006.09.14(木) 14:55 |  URL |  【コメント編集】

♪**すいかちゃん**

このお話、本当に素敵ですよね~

実は3巻くらいまで、誰がどのキャラだかよく分からないまま読んでました(笑)

いえいえ、やっぱり読書は楽しいのが一番!
語数よりも、いかにその時間を豊かにすごせるかが
大事ですよ!! 

私も絵本大好きなのですが、停滞していた頃は
それすらも読む気にならず、しばらく読まずにいました。
最近、ようやくまた楽しめるようになってほっとしてます。

挿絵のない長い話(もちろん日本語ですが)を読み聞かせしていたせいか、反動で久しぶりにORTを読みました。
あっさりしていて楽しかったです♪
おかげで久しぶりにORT熱も復活。
初心に立ち返って、日本語の読み聞かせも
絵本に戻そうと思っている今日この頃です(笑)

お互い、のんびりいきましょうね♪
もえぎ |  2006.09.14(木) 15:04 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。