2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.10.05 (Thu)

OX-CART MAN

Ox Cart Man
by Donald Hall / Pictured by Barbara Cooney
読みやすさレベル2.5 総語数600

**あらすじ**
秋になると、お父さんは荷車にたくさんの荷物を積み、何日もかけて遠い町の市に出かけます。羊の毛や、野菜や、お母さんが作ったショールなどのさまざまなもの…。そしてお父さんは持ってきたものを全て市で売ります。そのお金で今度は必要なものを買い、家に帰り、そして再び静かな暮らしを始めるのです。


農場に暮らすある家族の、静かな一年が季節を追って描かれています。
英語も綺麗です。最初のうちはちょっと読みにくかったのですが、読みすすめるうちになれました。かなり淡々とした印象を受けました。
あと、Cooneyの絵が絶品です! 独特の遠近法というか構図で描かれた風景がレトロな感じで、おしゃれで可愛いです。私は好きだなぁ…こうゆうの。あまり深く考えず、図書館で借りてきたのですが、1980年コルデコット賞受賞作品でした。納得。

ゆっくりと流れる時間が、見開きの挿絵から伝わってきます。今、大変な事件のせいで注目を浴びていますが、アメリカのアーミッシュの暮らしを思い出しました。
大草原の小さな家を思わせる世界観ですよね~。穏やかに、毎日の暮らしを大切に自然とともに生きる。
憧れるなぁ…。実際には、もうそんな生活には戻れないんだろうけど。

技術がどこまでも進歩して、パソコンや通信機器が発達し、確かに私達の暮らしは便利になりました。だけど、だからと言って幸せになったか、というと少し違うような気がします。機械の発達は、同時に、私達の時間も早めてるんじゃないかな。再生速度を早められたテープレコーダーのように、できることが増えた分、仕事も欲望も要求されることも増えて、結局やることも増えてると思うのは私だけ?
かえっていろんなことが不便だった昔の方が、ゆっくりと時間の流れを感じる機会があったかもしれませんね。

今の世の中って、実は人間が本来対応できるスピードよりも、はるかに早いスピードで物事が流れているんじゃないかな、と思います。
早く、早く、今よりも早く。
大人も子どもも、やることがたくさんありすぎます。でもそれって実は結構しんどいんじゃないのかな。
もしかしたら、社会全体のそのあまりの速さに、みんなストレスを受けてるかもしれないですね。だから、こんなに精神的な病気が蔓延してるのかも。
この絵本みたいにささやかな毎日を穏やかに暮らすことができるのなら、それがもしかしたら本当の幸せなのかもしれないと今日このごろです(^^;)

というわけで、憧れのシンプルライフを目指し、とりあえず散らかっているものを片付けて物を減らすことから始めるか~(笑)
スポンサーサイト

テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  01:14  |  洋書:絵本:YL2  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。