FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.10.19 (Thu)

Quill -The Life of a Guide Dog- (YOHAN LV3)

盲導犬クイールの一生―Level 3(1600‐word)
by Kengo Ishiguro, photos by Ryohei Akimoto
読みやすさレベル3.5 総語数11,040 ★★★★★++
126冊目 累計語数1,497,502

**あらすじ**
やんちゃでマイペースな1匹の子犬が、ある日盲導犬の候補に選ばれた。育ての親パピーウォーカーとの幸せな幼年期、訓練センターでのトレーニングの日々をへて、成長したクイールは、やがて最良のパートナーと出会い、盲導犬としての第1歩を踏み出す。いくつもの出会いと別れを繰り返し、静かに生を終えたクイールの生涯をモノクロの写真とともに静かに綴った物語。


久々に。
号泣しました。

『盲導犬クイールの一生』としてよく知られた本の英訳版です。決して劇的なストーリーではなく、クイールがどうやって生まれ育って盲導犬になり、そして最後を迎えたのか、淡々と書かれている本でした。けれど読みやすい英文の端々から、クイールがどれほどまわりの人々から愛されていたか、そしてクイールがどれほどまわりの人々を愛していたかのかが伝わってきて、泣かずにはいられませんでした。

犬のもともとの習性もあるのでしょうが、クイールの辛抱強さや忠誠心の高さや賢さには、本当に頭が下がります。いくつもの出会いと別れと、そしてそれをじっと受け止めるクィールの眼差しが写真からも伝わってきます。盲導犬を育てるのって大変なことなんですね。はふー。街中で見かける彼らは、厳しい訓練や別れを超えてきたごく一部の犬なんですねぇ。もともと「すごいな、えらいな」とは思っていたのですが、ますます見る目が変わりそうです。

たしかNHKでこの本をドラマ化していたと思うのですが、実はほとんど見たことがありませんでした。1話だけ、途中を少し見たような気がしますが、それだけで涙ぐんでしまった記憶があります(涙腺ヨワッ)。なので、いちおう覚悟して読んだのですが、甘かったですね(^^;)。予想を遙かに超えて胸に響きました。お気に入りの一冊になりそうです。

YOHANを読むのは初めてですが、この本は英語も読みやすかったです。GRとしてかなりおすすめ。

あ、でも実は、YOHAN(洋販)ってずっと敬遠してたんですよね。
……なんでかって? 見た目が和書だから!!(笑)
ミーハーな私は、実は”洋書”そのものが好きなので(あの質感とか紙の匂いとか)、異国の香りがしないYOHANはあまり食指が動かなかったのです。この本も、たまたま時間つぶしのために書店で買った本だったんです。だってその本屋にあった『洋書』はみんなamazonよりも高そうだったんだもーん。でもこの本は買って正解でした♪
スポンサーサイト

テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  12:39  |  洋書:GR:YL3  |  TB(0)  |  CM(3)  |  Top↑

*Comment

こんばんは!ラダーは最寄駅の書店にたくさんあって、このクイールも見ましたが号泣してしまいそうで逆に手にとれませんでした。
やっぱり、良いお話なんですねー。表紙を見ただけで胸があつくなりそうです。
ラダー版はコンパクトで、好まれる方も多いですね。私は・・・少しGRぽいわりにお値段が良いので敬遠しているほうでしょうか。
最後の単語集削って安くしてほしいと思ってしまいました(笑)
雫 |  2006.10.19(木) 18:54 |  URL |  【コメント編集】

♪ぷぷっ(^m^)

>……なんでかって? 見た目が和書だから!!(笑)
その気持ち、すっごくよくわかります! あのピカピカのカバーが、「洋書を読んでる~」っていう気分をちょっと盛り下げちゃうような気がして、敬遠してます(-_-) タイトルが日本語表記されてるのもちょっとイヤかな。
クイールのドラマや映画は観ていませんが、和書で読みました。あまり文字の少ない本は買わないのですが、売上金の中から盲導犬育成事業に寄付されるということでしたので、珍しく購入して(笑)。淡々とクイールの一生を追うだけなのに、何でこんなに泣いちゃうのっ!?って不思議なくらい泣ける本でした。それは言語が違っても変わらないのですね。英語でも読んでみたくなりました~。
ちゃか |  2006.10.19(木) 23:26 |  URL |  【コメント編集】

♪レス遅くなりごめんなさいっ!!

■雫さん■

ご無沙汰してます~。お元気ですか?
新しい土地にはもう慣れました?

ええ、その予感は正しいです。
表紙だけで胸が熱くなったなら、本文では号泣すること間違いなし(笑)

そうなんです。結構お値段がいいんですよ~。
しかも扱いが和書だし。なんだかいかにも「お勉強してます」って感じで悔しいんです。
同じ金額で、結構厚みのあるPB買えちゃいますもんね(^0^;)

でもよくよく見てみたら、日本語の本を翻訳したものがいろいろあって面白そうでした。奥田英朗の「イン・ザ・プール」もあったので、それはちょっと読んでみたいかも♪

■ちゃかさん■

ですよね~♪(仲間がいて嬉しい)

そうなんです、あのピカピカした、いかにも日本風の綺麗な装丁が、なんとなく”洋書を読んでる気持ち”を萎えさせてしまうのです。同じ英語なはずなのに、変ですよねぇ(笑)

日本語でもぜひ読んでみたいですね。子どもに読み聞かせしてあげたいけど、きっと泣いちゃうだろうなぁ~(苦笑)
箱ティッシュ、抱えて読みます!
もえぎ |  2006.10.23(月) 18:39 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。