FC2ブログ
2018年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.11.06 (Mon)

Island Boy

Island Boy: Story and Pictures (Picture Puffins)
by Barbara Cooney
読みやすさレベル3.8 総語数2,202 
129冊目 累計語数1,556,935

**あらすじ**
開拓時代の小さな島を舞台にしたある家族の物語。
その島に住んでいるのは両親と子供12人の一家族だけ。厳しく豊かな自然の中で、自給自足の生活をする一家。やがて時は流れ、子供たちは大きくなり島を出て行きますが、末っ子の男の子だけが、すっかり大人になってから島へ戻ってきます。


ほぅ……。相変わらず淡々と、けれど美しく、開拓時代のアメリカの風景が描かれています。四季折々の美しい絵から、毎日の生活を大切に生きていた当時の空気が伝わってくるようでした。

物質的に豊かすぎる現代社会で、私たちが失いつつある『何か』。その『何か』を感じさせてくれる絵本…かもしれません。

あ、でも最初にこの本を手にとったときは、表紙の少年の表情がちょっと怖かったんですけどね(^^;)
スポンサーサイト

テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  19:16  |  洋書:絵本:YL3  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。