2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.12.20 (Wed)

GR三昧♪

旦那のために買った多読スターターセット。
今のところ、読んでいるのは私だけ!!v(≧▽≦)v

え~…というわけで、リストの順にPGRレベル0から読書中です(^^;

The White Oryx (Easystart Penguin Reader Easystarts)
"The White Oryx"(Penguin Readers Easystarts)
読みやすさレベル0.8 総語数900

**あらすじ**
アラビア半島に生息するWhite Oryx の写真をとるため、レンジャーの Abdullah とともにアラビア砂漠を見回っていたMandy Brown。ところが二人は偶然に殺されたOryxを発見する。密猟者の仕業だ。すぐに二人は追跡を開始するが……?



Hannah and the Hurricane (Penguin Reader Series: Easystarts)
"Hannah and the Hurricane"(Penguin Readers Easystarts)
読みやすさレベル0.8 総語数900

**あらすじ**
16才のHannahは、グラスボートで観光客に珊瑚礁を見せるDubalおじさんの手伝いをしている。ところが、Maxが始めた新しいグラスボードはDubalおじさんよりも安い料金だったので、Dubalおじさんの仕事はなくなってしまう。Maxの卑怯なやり方に怒ったHannahはなんとかMaxを説得しようと考える。



The Leopard and the Lighthouse (Penguin Readers)
"The Loepard and the Lighthouse"(Penguin Readers Easystarts)
読みやすさレベル0.7 総語数900

**あらすじ**
シンデイ島は、東アフリカの大陸から500メートル離れたところにある島だ。ある日、この島に大陸からヒョウが泳いできて、灯台に逃げ込んでしまう。村人達はなんとかしてこのヒョウを捕まえようとするが……?



えー…感想は今回は省略ということで……(笑)
全体的に「まぁ、こんなものかしらね」という感じでした。(あ、これって感想?)
これだけ短いお話で、これだけ易しい英語で、一応起承転結のがスゴイと思った。個人的には、この中ではWhite Oryxが好きです。

それにしても、どうしてこんなに手持ちのGRが少ないのかと思ったら、最初の頃は、『多読ドットネット』さんのレンタルにお世話になっていたのでした。すっかり忘れていたよ(^^; うーん、でも旦那も読むんだったら、買っておいてもよかったなぁ…

まぁ、それはさておき。最近、ようやく少し翻訳の勉強をする時間がとれるようになりました。それでも1週間に数時間くらいなんだけど、それでもやらないよりはましかと思ってちまちまと頑張ってます。
それにしても、やっぱり、「翻訳」となると難しいですね。英文の意味は分かるんだけど、とてもよく分かるんだけど、それを自然な日本語にするってすごく難しい~~!!! 日本語を使いこなせない自分が結構もどかしいです。
時間が作れなくて、しばらく休んでたので、すっかり提出期限をすぎているのですが…。ああ、びっちり1週間くらい、朝から晩まで勉強できたら、課題も終わるんだけどなぁ……。

道のりは遠いさ~(沖縄調に)
スポンサーサイト

テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  00:29  |  洋書:GR:YL0  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

♪こんにちは!

わたしもこの The White Oryx 好きです。
タイトルは意味わからないけど、
読み終わると Oryx の意味がわかって、
でも、こんな単語は忘れてもいいという
「飛ばし読み」体験ができる本だと思います。

でもね、はじめての方は、表紙をみて意味がわからないから避ける人が多いですよ(笑)。
Julie |  2006.12.23(土) 14:56 |  URL |  【コメント編集】

♪やっぱり(笑)

Julieさん、こんばんは~!

あはは、やっぱりそうなんですね。
私も最初、どんな話かさっぱり分かりませんでしたもの。スターターセットに入ってなかったら、確かに読んでなかったかも(^^;)

一応、読み終わってから、Oryxを辞書で引いてみましたが、「オリックス」と書いてありました(笑)
でもこの本のおかげで、「オリックス」がどんなものかなんとなく分かりました。これが多読の面白いところですね♪
もえぎ |  2006.12.24(日) 01:24 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。