FC2ブログ
2018年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2006.12.27 (Wed)

Life Story

Life Story
by Virginia Lee Burton
読みやすさレベル4.5 総語数3,500 ★★★★★
138冊目 累計語数1,678,189

**あらすじ**
銀河が生まれ、太陽が生まれ、地球が生まれ、水がたまって海となり、やがて小さな小さな生命が生まれ……。


銀河系の誕生から現在に至るまでの悠久の歴史を紙芝居仕立てでまとめた絵本です。とくに前半の銀河系誕生から人類が誕生するまでの絵とお話がすごくよかったです。

図書館で見かけて以来、何度も手に取っては知らない単語が多くて本棚に返していたこの本。とうとう覚悟を決めて読んでみました。

星に関する単語や動物の種類など、自然科学系の単語が多くて難しいといえば難しいのですが、丁寧な絵のおかげでだいたいのことは理解できました。星の誕生や進化のお話はもともと結構好きでしたが、はるか昔に勉強したきりなので、結構新鮮で楽しかったです。「そういえばそうだっけー」みたいな(オイ)

それにしても、この本を読んで、あらためて自分が今生きてることがすごく不思議だなぁと思いました。あんまり実感わかないけど、今、私達って『地球』というすごく恵まれた惑星の上にいるんですよね。でも、その地球も大きな宇宙の中ではものっっすごくちっぽけな存在で…。
そう思うと、今こうして私が洋書を読んだり、何かを考えてパソコンを打ってる、つまり普通に生きてる、ってすごく不思議なことなんだなぁと思ってしまいました。とりあえず、太陽系のほかの惑星には知的生命体はいないみたいだし。
うーん、生命って偉大だ……何にもないところに生まれて、何億年もかけて多種多様に進化してこうして地球上に溢れてるんだもんなぁ。

それにしても……この絵、どっかで見たことがあるなぁ……と思いながら読んでいて、後半ようやく気がつきました。この人『ちいさいおうち』を書いた人じゃないですか!(気づくの遅いって…)。前半のいかにも科学的な内容に目をくらまされて、全然気がつきませんでした(^^;

どうりでほのぼのとした素敵なイラストでした。自然科学に興味がある方はおすすめ。お子さんがいらっしゃる方は日本語の『せいめいのれきし』を一緒に読んでから読むのもいいかも。私も、今度日本語で息子に読んであげようっと♪



スポンサーサイト
EDIT  |  21:22  |  洋書:絵本:YL4  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

♪ご紹介ありがとうございますm(_ _)m

こんばんは、ミグです。

この本を図書館で見つけて読みました!!雄大なお話ですね~♪

目を覆いたくなるような凄惨な事件が多いですが、小さなことにクヨクヨせずに"自分の物語"を歩みたいな~と、そんな事を思った作品でした♪


ではでは
ミグ |  2007.01.28(日) 20:48 |  URL |  【コメント編集】

♪ミグさん、こんばんは!

おお、そちらの図書館にもありましたか!

スケールの大きなお話ですよね~。そしてその続きの物語は私達が作るらしい…。

私も”自分の物語”を一歩ずつ歩みたいと思います。

ありがとうございましたv
もえぎ |  2007.01.31(水) 22:07 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。