2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.02.17 (Sat)

Number the Stars

Number the Stars
by Lois Lowry
読みやすさレベル3.8 総語数21,000語 ★★★★★
148冊目 総語数1,765,891語 

**あらすじ**
ナチス占領下のデンマーク。走ることが得意な10歳の少女Annemarieはユダヤ人の親友Ellenとともに、ある日下校途中にドイツ兵に呼び止められる。そのときは何事もなく帰してもらったものの、やがて国内のユダヤ人がナチスに"relocate"されることがわかり、Annemarie一家はなんとかEllenと家族を逃がそうと試みるが……。


1990年度ニューベリー賞受賞作です。
前に、SSSの掲示板で『泣ける本』を教えてもらったときに、紹介してもらったものです。

ナチス占領下の映画(『シンドラーのリスト』とか『戦場のピアニスト』とか…)は、何であっても涙なくしては観られなかったのですが、これも予想にもれず泣きました(T-T)
舞台がデンマークということで、最初の方はあまりぴんとこなかったものの、簡潔に語られるドイツ兵の様子やデンマーク国王や国民の生活ぶりからだんだんイメージがわいてきて、特に後半は手に汗を握りながら一気に読んでしまいました。

物語の中で、何度か"brave"という言葉について語られるのですが、Henrikおじさんの「知らないからこそ勇敢でいられる」という言葉がすごく印象的でした。確かに、分かっていてうそをつきとおすことはとても大変だと思います。いっそ知らなければ……それを事実だと信じていれば、不審な言動をとることもない。そうすることで、相手を守ることができることもあるんだと、HenrikおじさんはAnnemarieに教えます。

何度もピンチが訪れ、だんだんと緊張感が増していきます。そして、最後にAnnemarieは親友のために命をかけて走ります。この辺はもう涙なくしては読めませんでした。ドキドキハラハラしっぱなし(T-T)
そしてダメ押しのあとがき。この中で、物語のどの部分が史実に基づいているのか丁寧に説明されています。この小説自体はフィクションなのですが、このあとがきを読めば、実話だとしても決しておかしくないことが分かります。

とても読み応えのある1冊です。英語もシンプルな文体なので、レベルの割には読みやすく感じました。いかにも子供向けな児童書に飽きてしまった方におススメです。


実は、この1週間ほど海外旅行にでかけてまして、この本はその旅行中に読んだ本です。帰国前夜、なかなか寝付けなくて、睡眠薬がわりに(笑)と思って後半部分を読み始めたところ、止まらなくなって大変でした。おかげで、翌日は睡眠不足でかなりグロッキー(=_=;;
みなさんも睡眠不足には気をつけましょう(^^;)

スポンサーサイト

テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  18:37  |  洋書:児童書:YL3  |  TB(0)  |  CM(6)  |  Top↑

*Comment

♪読んでみたいです!

もえぎさん、こんにちは!
とっても読み応えのあるお話なんですね。
語数もいい感じだし、それは、ぜひ読んでみたいなと思ってしまいました!

海外旅行いいですよね~
普段育児におわれている友達が、夫婦で海外旅行にいってきたんですが、飛行機の時間が静かで本が読めてとってもよかったーと言っていました。
私も子どもが大きくなったら行ってみたいです♪
(それまでには少しでも英語が話せるようになればいいな^^;)
りあ |  2007.02.18(日) 09:49 |  URL |  【コメント編集】

♪おすすめです☆

りあさん、こんばんは~!

重い内容の割にはさくっとよめる本だと思います。そのくせかなり胸にくるものがあります。

海外旅行もおすすめ☆
移動時間やホテルでの休憩時間を利用して久しぶりにゆっくり読書タイムがとれました。あ、でもいろいろと準備不足だったので、結構な時間、観光ガイドとにらめっこだったのですが(笑)

旅行で使う程度の英語は意外に大丈夫だと思いますよ♪特に、非英語圏は。
お互い完璧な英語ではないので、ばんばん間違いながら用件を伝えてました。
朝食のときなんかも、きちんとした文章にしようとすると焦っちゃいますが、開き直って、”Tea,please!"と言ったほうが、よっぽど通じたりして(笑)

りあさんも、ぜひ子育てがひと段落したら、行ってみてくださいね♪
もえぎ |  2007.02.19(月) 23:43 |  URL |  【コメント編集】

♪はじめまして

もえぎさん、はじめまして。有希と申します。
実は時々もえぎさんのブログを訪れて楽しんでおりました。(いつもロムですみません~)
ほぼ同時期に同じ本を読んで、しかも印象に残った箇所も同じだったので、なんだか嬉しくなって出てきました。

翻訳家を目指しておられるんですね。
私も一時目指して、通信講座や通学を行ってました。
今もその野望は消えてませんが、今のところ基礎力を
見直そうと思い多読や英語の勉強に専念しています。

もえぎさんのサイトをリンクしてもよいでしょうか?
同志がいて嬉しいです!よろしくお願いします♪
有希 |  2007.02.22(木) 14:27 |  URL |  【コメント編集】

♪ありがとうございます!

有希さん、こんばんは!
こちらこそはじめましてです~

ご訪問&コメントありがとうございます!
しかも時々見ていただいてたなんて嬉しはずかし…(*^-^*)

有希さんも翻訳家を目指しておられるのですね!
通学されたこともあるなんてすごいですよ~。
私も有希さんとまったく同じ状態です。
翻訳家になりたいという野望を持ちつつ、
基礎力増強&趣味のために多読中(笑)

有希さんのレビューもずらりと私好みの本が並んでいて、年もほとんど同じで、勝手にすごく親近感を感じてしまいました(^^)v

そんなわけで、まったり更新ののんきなサイトですが、こちらこそぜひリンクをさせていただきたいと思います。
これからもよろしくお願いしますね♪

もえぎ |  2007.02.23(金) 22:20 |  URL |  【コメント編集】

♪ありがとうございます~

あらっ年齢も近いんですね。ますます親近感^^

もえぎさんのレビューはとてもしっかりしていますね。
私のレビューを見て下さったそうですが、いやはやお恥ずかしい限りです~。

リンクありがとうございました。
私の方もリンク完了しました♪今後ともよろしくお願いしますね。翻訳のお勉強記事も楽しみにしてます!
有希 |  2007.02.24(土) 16:10 |  URL |  【コメント編集】

♪こちらこそ~♪

レス遅くなりすみませんっ!

いやいやしっかりしてるなんてそんな…(恐縮…)
定期更新もままならないダメサイトでお恥ずかしい限りです~(^^;;

実際のところ、最近はちょっと翻訳の勉強の方に時間をとられて多読する時間が減っている状態です。
というか…多読はしてても、ブログを更新している暇がないというか(笑

こちらこそこれからも楽しみにしてます。
よろしくお願いしますね♪
もえぎ |  2007.02.27(火) 20:02 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。