2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.02.23 (Fri)

Prince Caspian

Prince Caspian: The Return to Narnia (The Chronicles of Narnia)
by C.S.Lewis
読みやすさレベル7.5 総語数44,740 ★★★★☆ 
149冊目 累積語数1,810,631

**あらすじ**
ナルニアからこちらの世界に戻ってきたPeter,Susan, Edmund, Lucyの4人。1年後のある日、それぞれの学校へ向かう列車を待っていた駅のホームから、4人は突然ナルニアに引き戻される。再び訪れたナルニアでは、彼らが統治していた時代から既に長い年月が過ぎ、人間が支配する国となっていた。圧政を敷く王の元、言葉を話す動物や聖霊たちは存在さえ忘れ去られ、森の奥深くに姿を隠して暮らしていた。現状を知った4人は、人間の王子でありながら古き良きナルニアを愛するカスピアン王子を助け、国土をナルニアの生き物たちに取り戻すべく、冒険の旅に出る。


ようやく読んだ~~~!!!!
旅行に行く前から読んでいたものの、紙質がよすぎて旅行に携帯するにはずっしりと重かったので、後半部分は帰ってきてから読みました(笑)

いや~面白かった~♪
でも難しかった~~~(^^;;)

日本語で読んだ記憶が全然ないせいか、後半部分がかなりうやむや。登場人物(?)も多くてどれが誰やら途中までかなり混乱しました(^^;)
『魔女とライオン』に比べて、すごく英語が難しいということはないと思うのですが……予備知識が全然ないってキリン読みのときはやっぱり結構イタイ…(涙)

特に景色を描写するぴんとこないことが多くて、ときどき脳内シアターに霞がかかってました。gorgeとかmoorとか、景色というか彼らがいる場所を表現する単語もよく分かってなかったし、DryadやNyadの姿もうまくイメージできなくてかなり貧弱な映像を浮かべてたような気がします。なのでこれはぜひ映画で見たいな~(笑)

それでも、旅も佳境に入った辺りからはだいぶイメージしやすくなって、ぐいぐい物語の中に引き込まれていきました。最後は結構意外な展開に。そうゆう戦いの仕方もありなんですね。騎士道精神というかなんというか……なんだか不思議な感じでした。

『ライオンと魔女』に比べて、今回の方がアスランの神性の描写が多かったような気がしました。キリストを彷彿とさせる場面もあったりね~。優しいだけじゃなく、厳しい面もきちんと描かれていて、今回の方が怖い感じがしましたね。Susanにちょっと同情しちゃいましたよ(^^;

何はともあれ、ようやくナルニアも2冊目♪
前半部分はLRで読んでいたのですが、後半旅行から帰ってきた後、LRで読んでいたことをすっかり忘れて普通に読んでしまいました(←ただのバカ・爆)まぁ、それはそれで一回読んでから聞く朗読もまた格別なので、(なぜか朗読の方が憧憬が浮かびやすいんですよね~。あの見事な声色の分け方のおかげでしょうか…)楽しんで聞いています。

語数も180万語を超えて、200万語の背中が見えてきました。
レベル7の英語でちょっと疲れてしまったので、一度パンダ読みをしてからまた続きを読みたいと思いますv


スポンサーサイト

テーマ : 洋書多読 - ジャンル : 学問・文化・芸術

EDIT  |  22:11  |  洋書:児童書:YL7  |  TB(0)  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

♪なるほど~

ナルニア2冊目読了おめでとうございます!!
記事を読んで私も読んでみたくなりましたが、ちょっと難しそうなのでもう少し後にしようと思いました。
やはり聖書の観念というか宗教的というかそういうのも加わってきているのですね。
朗読CDはもっているので、読めるようになったらLRでチャレンジしてみようかなと思います^^
りあ |  2007.02.26(月) 16:23 |  URL |  【コメント編集】

♪ありがとうございます♪

りあさん、こんばんは~!

難しく感じたのは、私の体調も関係あると思うのでりあさんなら大丈夫だと思いますよ~♪

ナルニアはLRで読むと楽しいですね。臨場感があって、本だけ読むよりもしっくりと場の雰囲気をかんじられていいかも^^
お試しくださいね♪
もえぎ |  2007.02.27(火) 20:11 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。