FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2005.12.02 (Fri)

リスニング(1)

まずはリスニング。

・英語の音(とくに子音)そのものが「聞こえない」

これが第一かつ最大の難関かもしれません。
みなさんご存じのように日本語と英語では根本的な音の違いがあります。
日本語は「ん」以外、すべての言葉が「子音+母音」もしくは「母音」で構成されています。
たとえば「こども」は、

 ko - do - mo

で母音が3つ出てきます。日本人は、この音の構成に慣れているのです。
一方、英語で「こども」を表す child は、

 chai - ld

で母音は「ai」1カ所だけです。ch も l も d も子音です。
発音のしかたも「チャ・イ・ル・ド」と4拍ではなく、
「チャイルド」と1拍です。
この英語特有の子音だけの音とリズムが日本人には非常に聞き取りにくいのです。
というか、そうゆう「耳」ではないのです。
子供の頃にはおそらく聞き取ることができたと思いますが、成長するにつれ「不要」と判断され、脳がその音を拾わなくなるのだそうです。

最近はよく知られてることですが、人間の脳には「ウェルニッケ言語野」というところがあって、日本語のそれと、英語のそれは異ります。
まずはこの英語用のウェルニッケ言語野を作らなければどうにもなりません。「英語耳」を作るのです。

さて、ではどうするか。
このウェルニッケ言語野、2000時間ほどリスニングを続けると作られるそうです。

が、もうちょっと効率的な方法なないものかと考えました。そして私が試した方法がこれ。
eigo1.jpg

『英語は絶対勉強するな』

結構売れたので、知ってる人も多いはず。この本についてたやり方が私には一番合ってました。

で、何をするかというと…

・自分のレベルにあった(というよりむしろ易しめの)ナチュラル
 スピードの英語のテープを一つ用意する。
・繰り返し聞く(1日1時間くらい。集中して)
・意味が分かんなくてもOK. ただひたすら「英語の音」を拾うように頑張る。
・頑張りすぎない。1時間ぐらいやったら、もうOK. その日は寝る!

するとあら不思議。繰り返し聞いてるうちに、拾える音が増えていきます。昨日まで全然聞こえなかった音が突然聞こえるようになる不思議。

ポイントは「集中する」ということ。あとこの時点ではまだ文字は見てはいけません。ひたすら耳に頼ってください。それから、文章を読んで理解するのが大変なほど難しいものは止めた方が無難です。できれば知ってる単語が多い簡単なもの、でもナチュラルスピードで容赦のない発音のものがよいです。日本人向けにゆっくりはっきり話されたものはあまり効果がないかもしれません。

ちなみに私はディズニーのCD付絵本を使いました。ネイティブの3-4歳向けのものだと思うのですが、これが最初に聞いたときはさっぱりわからなかった!!!! 興味の対象はさまざまだと思うので、男性の方はイングリッシュジャーナルやイングリッシュネットワークなどの方が向いてるかもしれません。私は残念ながら、政治経済にはとんと興味がなかったので、ディズニーの方が合ってましたけど(^^;)あと、TOEICの点数アップを目指している方は、TOEICのリスニング教材を使うのもよいでしょうし、上記の本の続編でCD付のものも出ています。

あと、同じ効果を期待した教材で「マジックリスニング」というものがあります。(うちの旦那が買いました^^;)
まあ、これも同じ原理だと思います。ただ英語ではなく、音楽でその言語野を作ろう、ということなのだと思います。もちろん、英語の音が拾えるようになっただけではリスニングはできないので、うちの旦那のリスニング力はそれほど伸びませんでしたが。
まじめにやれば、一番てっとり早く「英語耳」はできるかもしれません。まあ、少し高いですが…。

さて、そうこうして毎日30分くらい2ヶ月ほど聞いた頃でしょうか、
そのテープの音はほとんどすべて聞き分けられるようになりました。
(だからといって意味が分かるわけではありません。念のため)
そこまでできたら次のステップです。
今度は「書き取り」をします。
正しい英語にしようとする必要はありません。
「聞こえたとおりに書き出す」のです。
もちろん変な英語の羅列になります。
でもこれでさらにあやふやな音がなくなっていきます。
本ではこの後、英英辞典を使って正しい単語に置き換えて行く、という作業を推奨していましたが、私は全部書き取った後で、テキストと照らし合わせました。
すると、「ここってこう言ってたのか~」と唖然とすることがたくさんありました。知ってる単語でも結構聞き取れないものなのです。

ま、そこまでできたらそろそろあなたも「英語耳」ができてるはず。
もちろん「ウェルニッケ言語野」もちびっとはできてるはずです。
あとはここを育てるだけ。

私はこの方法で、格段にリスニング力があがりました。
(前がいかにひどかったか、ってことですね^^;。でもそれまでも英語のテープの聞き流しとか、ホームステイとかは経験してたのですよ)

大切なことは「やさしいものをたくさん」です。
明日はこの続きをお話しますね。

楽しんでいただけましたらぽちっと↓

banner_01.gif
スポンサーサイト



テーマ : 英語・英会話学習 - ジャンル : 学校・教育

EDIT  |  12:38  |  リスニング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP |